川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

同友会 業務日記

「どう見せるか」ではなく「どう見られるか」を大切にするということ

投稿日:2017年10月31日 更新日:

姫路で会議。

神戸は海と山の近い小さな街なので、すぐに誰かと出会ってしまう。その点姫路は知り合いと遭遇する確率が格段に低い土地だ。だから姫路へ西へと向かっていくのが好き。エネルギーを奪われる感覚がないのは良い。街中で突然声をかけられると「おぉぉぉ、今日も相変わらず不幸そうな顔をしてますねー。どうしましたか? 大してお金の入っていない財布でも落としましたか?」なんて、神戸の人たちに認知されているキャラとトーンで対応しなければならない。誰に頼まれたわけでもないのにね。

会議では、とある創業者の方のお話を聞く。理路整然と話をされていた。戦略はもちろんだが、その根っこに「行動する」「与える」という意識がブレずにあるのが素晴らしい。自分たちの会社を「どう見せるか」ではなく「どう見られるか」を大切にされている。

こんな風にでありたいな、と思う。こんな風にはまだまだだな、とも思う。

Google

Google

-同友会, 業務日記

執筆者:

関連記事

no image

ブランディング屋さんがあらわれた!

商売をしている人たちは「売ろう」とするのではなく「選ばれよう」としている。「売り気」を消して「自分を出す」ことに重きを置いているのに、それを「ブランディング」という言葉で集約されてしまうと、一瞬で下心 …

no image

神戸鈴蘭台、歯の白さと元気を約束してくれる素敵な歯科とは。

「あなたの嫌いなものは?」 一位の座を譲ることなく、30年間に渡って回答し続けてきたのは「歯医者」なのでありました。 ドアを開けば、「からんころんからん」。 流れるクラシック。遠くから聞こえるバキュー …

ゴーイングコンサーン(going concern)とは

雇用するつもりはないという話を聞くとこの言葉を思い出す。日本語に訳せば「継続企業の前提」。企業は将来無期限に存続継続することを前提にするという考え方。カタカナは嫌いだけれどgoingという言葉に躍動感 …

仲間と過ごす、くだらない会話ほど

人の集まる場所に行くことは仕事のひとつ。いつも見られ方を意識している、それは相手が誰であっても。 理解して、アホなことを言っても許してくれる笑ってくれる、そんな仲間たちのいることが心から嬉しい、経営者 …

no image

3年やったら自信にしよう、5年やったら確信しよう。それで10年続いたら、言葉にしよう。

自分の型を持つということは大切です。 バッターボックスで、神経質に、何度も土を均して、ようやく、しっくりくる型を固められたような気がします。長いペナントレース、空振りをしない程度の心構えなのかもしれま …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)