川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

販促とか、マーケティングとか、手法がどうこうというより、それは物語なのではないかと

投稿日:2017年4月20日 更新日:

いろんな人から、いろんな相談を受ける。

会社の看板は印刷屋だけれど、一日や一週間のうち、印刷物に関する話をすることはほとんどない。お客さんはどんな風に、自分たちの振る旗に気付いてくれるのか。振った旗に導かれたお客さんは、どんな幸せな気持ちになって対価を払ってくれるのか。嬉しくなったお客さんは、周囲の人にその体験をどんな風に伝えてくれるようになるのか。

物やサービスに目が行って、お金が動いて、人と人がつながっていく。コピーやデザイン、写真や動画。ひとつひとつは、その物語を構成するための手段であって、目的ではないのだと考えている。僕が印刷屋で、印刷物に固執してしまえば、僕を必要としてくれたお客さんの物語は分断されてしまう。お客さんの物語を想像する。お客さんのお客さんの幸せと感動を創造する。それが僕たちの仕事なのだと考えている。

うちの会社の経営理念は「伝わる喜びを想像して、伝えるチカラを創造する」だ。物語の価値、表現力の重要性、何をすれば良いかではなく、お客さんにどうなってほしいか、ということから逆算して考えたい商売をされている方々には、きっとお役に立てると自負している。

ビジネスではなく、商売でありたい。だから、物語を大切にしたい。この想いに共感してくださる方々と一緒に共生していくことができれば、僕たちはとっても幸せだ。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

経営者に評価されるための仕事をするのでなく、お客さんに選ばれてこそ ~仮説を経験に、商品に

目標は具体的であればあるほど良いが、数字を伴う場合、その根拠を求められる場合がある。それでも思うのは、僕たちは中小零細企業であって、その予測をするために費やせる予算と時間は限られているということだ。僕 …

商売は相手の高さに膝をつかなければ 〜ライティングだけではなく撮影のご依頼が増えてきたことについて

大阪、難波、通天閣周辺での撮影取材。 最近は文章だけではなく、撮影も一緒に頼まれる機会が増えた。曰く、格好良い写真や動画を頼める人は多いらしいが、等身大や面白おかしく演出を依頼できる人は少ないそうだ。 …

no image

月末の事務作業を楽にしたい大人たちへ送る封筒の『スチック糊』『テープスチック』『ハイシール』の違い

うちのメンバーたちが一生懸命会社のブログを更新しています。「神戸で一番犬の好きな印刷屋」と名乗っているのに、バナーの写真は猫です。このあたりです。この際それはどうでもいいです。 月末になると通帳の残高 …

神戸のコピーライターの無料使い放題権ゲット! カレンダーの名入れ印刷で中小企業にキャッチフレーズを

中小零細企業そして個人事業のための神戸のコピーライターでありたいと思っています。 コピーライターの仕事は綺麗な文章を書くことではない 綺麗な文章を書くことがコピーライターの仕事だと思われがちですが、「 …

ランドセルからはみ出していた30cm定規と、海底に沈んでいった1400mのパイプと、いつかの僕の夢の長さと

ランドセルには30cm定規がはみ出していて、ファミコンのカセットは4980円だった。だから今でも、30cm以上の長さは感覚的に捉えられないし、5000円以上は大金だと思ってしまう。三つ子の魂百まで。僕 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)