川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

ブログ論 雑記

足元に響きつづけるのは、コツコツという音だけがずっと ~「感慨深い」という気持ちがもたらすエネルギー

投稿日:

小学生のころの野外活動で、三室山に登山をしました。中学生のころは氷ノ山に、大学生のころは比叡山、大人になってからは六甲山を登りました。

山は、登ってきた道が見えるのがいいですね。一歩一歩をコツコツと積み上げてきたのだな、と思うと、その景色を制したことに感慨深い気持ちになります。

昔から運動神経の悪かった僕は、いつか鉄棒はバーナーで焼き切ってやろうと真剣に考えていました。指先も不器用で、「うさぎちゃんリンゴを剥く」という家庭科の授業では、家庭科の授業なのに見学を命じられたことがあります。勉強もできなくて、高校生のころの三者面談では、担任から「現役合格は厳しいと思うので、予備校を考えておくと良い」と言われたこともあります。

得意なことは何もなかったのです。ただ、あれもこれも、「得意そう」に見せることは上手でした。世渡り上手というやつですね。取り繕ってその場を凌いで生きていく。僕の人生はずっと、そんなでした。目立つことは得意でしたが、中身は常に空っぽだったのです。

焦りました。このままで世の中に通用するわけはないとも思いました。実際そうです。経験値の高い大人たちは、僕が空っぽであることをすぐに見抜きました。「空箱」を評価してくれる人はいません。僕はだから、その中身を埋めていく必要に迫られました。

そうして選んだのが「コツコツ」を継続することでした。ブログにしてもそう、ジョギングにしてもそう、経営にしてもそう、投資にしてもそう。一度に大きなことをするのではなく、毎日、息切れしない程度に出来ることを継続していこうと考えたのです。その一歩一歩は小さくても、登山と同じく、登りながら振り返れば感慨深く、さらに上を目指してコツコツを継続していくモチベーションになるだろうと思いました。

もちろん、いま、僕がいる場所は、まだ山の中腹。登り詰めるには相当の努力が必要ですが、でも、登山口ではないよな、と自分を認めてやれるくらいの高さには来ているのだろうと考えています。コツコツ、コツコツ、振り返り、そしてまた、コツコツ。

振り返り過ぎて、先を見なくなってしまっても駄目だろうとは思うのですが、時折、この「感慨深いと思える心境」を大切にしてやることも大切ですね。途上とは道半ばということでもありますが、スタートしたころよりはゴールに近づいているということを表してもいるわけです。

コツコツ、コツコツ、自分だけが認めてあげることのできる、コツコツ。

何度でも、この感慨深い気持ちに浸っていきたいなぁと思います。
足元に響きつづけるのは、コツコツという音だけがずっと。

Google

Google

-ブログ論, 雑記

執筆者:

関連記事

まだ始まってないのに。

朝から準備で走り回っていたら、もう眠たいダメダメ人間です。昼寝を欠かさない人間が、講演に臨むと、さて、どうなるのか。

滴り落ちてます。

うちの熱帯魚を泳がせてみたい衝動にかられています(死んじゃいます)

no image

明日はhappyな顔をして楽しむのです。

兵庫県神社庁さんのホームページを制作・公開させていただきました。 先日もちょこっとご紹介しましたが、兵庫県下の神社検索はとっても便利。由緒や位置など、詳細な情報を簡単に調べることが出来ますので、是非ご …

no image

ご飯をたくさん食べられるその体力を信じて。

転移。 体力を考えて、何もしないのも一つの選択肢だ。でも、僕らは手術に賭けてみることにした。 これからも、一緒に過ごせる希望を、信じてみることにした。 来週、手術、予定。

no image

経営者が強くなるための、軸の作り方と、繋がり方の。

中小企業家同友会という組織に所属している。 この勉強会に参加するとき、自分が経営者という意識で参加してしまうと、すべての話にバイアスがかかってしまうので「この人の会社で、自分は働いてみたいだろうか?」 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)