雑記

書き出す、教える、アウトプットする、それが、僕の引き出しを増やしていく

アウトプットすること、教えることが記憶の定着につながると思うのです。

「利用頻度」という言葉のあとに続くのが「高い」だったか「大きい」だったか、いつもすぐには思い出せず、「…なんてものを、よく使うんですよねぇ」と言葉を置き換えて使ってしまいます。

こうして自分で整理しておいて、覚え方もセットにしておくと「思い出す糸口」が出来て便利です。人に教えてみる、アウトプットしてみる、これこそ、記憶の定着につながります。

……ということをドヤ顔で語ろうと思っていたのですが。

会話をしていて、早速「利用頻度」という言葉を用いる状況になりました。しかし(たしか、覚え方も一緒にコトバノに書いたよなぁ…。どんな風に書いたっけ?)と、思い出せたのはここまで。書いたばかりの記事の内容を思い出せないとはトホホです。

どうやらこれからも「利用頻度」という言葉を検索する頻度、高くなりそうですねぇ…(←アウトプットして覚えようとしています)