川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

書き出す、教える、アウトプットする、それが、僕の引き出しを増やしていく

投稿日:

アウトプットすること、教えることが記憶の定着につながると思うのです。

「利用頻度」という言葉のあとに続くのが「高い」だったか「大きい」だったか、いつもすぐには思い出せず、「…なんてものを、よく使うんですよねぇ」と言葉を置き換えて使ってしまいます。

こうして自分で整理しておいて、覚え方もセットにしておくと「思い出す糸口」が出来て便利です。人に教えてみる、アウトプットしてみる、これこそ、記憶の定着につながります。

……ということをドヤ顔で語ろうと思っていたのですが。

会話をしていて、早速「利用頻度」という言葉を用いる状況になりました。しかし(たしか、覚え方も一緒にコトバノに書いたよなぁ…。どんな風に書いたっけ?)と、思い出せたのはここまで。書いたばかりの記事の内容を思い出せないとはトホホです。

どうやらこれからも「利用頻度」という言葉を検索する頻度、高くなりそうですねぇ…(←アウトプットして覚えようとしています)

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

夜中の外来。

弟、点滴を終えて。

no image

経験を価値にするためには、仮説を立てるのが重要なこと

蒔くだけではなく、育てる。 その意図を持って動かなければ、べつの風にさらわれて、遠い景色になってしまう。 花は咲いて、咲かせてこそ。 吉報。春の報せだ。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 ( …

自分の表現や発信が他を蔑んでいないか傷付けていないか想像する方法

差別化について語るとき、僕は必ず他を蔑んではいけないという話をする。自分よりも劣るものを前に出して「あれと比べればこちらはこんなに優れている」という話をせずとも、ちゃんと自分の想いを伝える。自分たちの …

no image

感動するお芝居、そしてやっぱり、臭い足。

美月さんの所属される劇団のお芝居に行ってまいりましたー。いや、ほんとほんと素敵なお芝居でした。 === 役者さんそれぞれの演技力、そして照明や音響の効果的な演出もあって、なんだか本当に寂れた建物に夜中 …

神戸元町商店街にある弟の店、CHILDREN WILLにて

神戸元町CHILDREN WILLは弟のやっているお店。 いつかそのうち、唇が西端だらけになるんじゃないかと心配になった。いかにも西端家クオリティ。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)