雑記

すべての神に祈りを捧げて。

季節外れ、紫陽花の夢を見た。

ゆっくりと咲いている。滴を待っている。
僕の傘も同じように、出番を静かに待っている。

目を細めては、行き交う人たちを物思いに眺めるベンチ。

ただほっと出来る、雨を待っていた。
ただずっと待っていた、そんな夢。

今年の紫陽花は、どんな風だったのだろう。
僕は今度、どんな風に紫陽花を眺めるのだろう。

もう、秋。 まだ、秋。

つい、いろんなことを考えてしまう季節で嫌になる。

===

鳥居を見付けては、お地蔵さんを見付けては、祈る。

大切なものを、いつまでもずっと大切だと言い続けられるよう、
過ごしてきた、愛してきた。

愛おしい存在へ、これからも変わらぬ気持ちで、心を込めて祈る。

優しい場所で待っている。
笑顔になれる時間を待っている。

どうか、どうか、絶対、ぜったい、どうか、どうか。