読書

探偵ガリレオ ― 不思議と理屈と。

東野圭吾さんの『探偵ガリレオ』、読了。

探偵ガリレオ

文藝春秋

この本の詳細を見る

でんじろう先生を思い浮かべながら読むと、より親近感がわく。

科学のことはよくわからないが、難しくなりすぎないところで主人公2人の
キャラが引き立ってきて、さくさくと読み進めることが出来る。

物理学者・湯川助教授と警視庁捜査一課長の草薙刑事。
2人の信頼関係、間の良さが楽しい。