川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

直球さんに教わった川柳の喜び。

投稿日:

ふあうすと川柳社、副主幹福島直球さんが亡くなられた。

3年前には、うちの会社でも句集を作らせていただいた。
人懐っこい笑顔と、心を和ませてくれる優しい川柳の数々が思い出される。

川柳を始めたきっかけは、仕事でふあうすとの制作に関わっていたのは
勿論のことだが、生まれてはじめて作った川柳を、直球さんに褒めて
いただいたことが、今日まで作句を続ける原動力になっているとも言える。

 川柳の文字の向こうに人がいる

とても嬉しそうに「ええですやん、ええですやん」と繰り返してくれた直球さん。

僕は、その一言で、すっかり川柳にはまってしまったんですよ ―

通夜。

遺影の直球さんの前に、明日、納品予定の最新のふあうすと7月号を供えた。
天国でもどうか、猫とじゃれあう、優しいままの直球さんでいてほしいと祈りつつ。

心から、ご冥福を。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

僕は死ぬけれど、滅びはしない。

全没ー。 んんん、でも、難しい。 あぁ、こういう感じの句を書けば抜ける(=選ばれる)のかぁ…と思いつつも、それは、自分の句風とは違うので、抜けるためだけの句は作りたくない。 特に、選者が、選をするのに …

no image

携帯アドレス変更しました。

携帯のアドレス変更しました。 PHS/パソコンのアドレスに変更はありません。新しいアドレス、ご案内しておりますが、不手際等あって届いていない友人知人、新しいお友達の方などいらっしゃいましたら、何らかの …

長年探していたCDをゲット

友成好宏さんの『NATURAL SIGN』。 角松敏生さんのサポートキーボディストなどで活躍。尊敬する春名正治さん(師匠)と共に、様々な音楽シーンで活動されています。 すでに廃版になってるCDなんで、 …

明石公園の柵は木の成長を妨げず、シロツメクサは最後まで咲き続ける

芝が綺麗に刈られていたのだけれど、機械は上手にシロツメクサのあたりだけを避けて通っていた。誰に言われたのでもなく、誰のためにするのでもなく、ここをこんな風に残した誰かの優しさに触れられた一日はとても心 …

水の都の昼下がり。

アスファルトが太陽に焦げて、まだまだ暑い大阪の街。川の眺めに、ひとときの安らぎを貰っているところ。 さて。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly