川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

学校の先生に負けるくらいなら、お金はいただきません。

投稿日:

 学校の先生の話なんて、聞かなくていいよ。

 黒板を写しただけのノートなんて、すぐに破りすてちゃえ。

僕はいつも、家庭教師をしていた頃はそんなことを言いながら
生徒たちに接するようにしていた。

教えることのプロだという自負があるから、自分以外の何者も
必要としなくて構わない。ついてくればいい、安心して構わない。

対価を得る以上は、結果を伴うべきである。

それが、自分の信条とするところだった。

そうして、全力投球で接してきた生徒たちの「今」を聞くと、
それぞれに活躍しているようで、とても幸せな気持ちになれる。

今、また、プロとして制作や印刷の仕事に携わる以上、同じだけの
責任感と結果を意識しながら、取り組むようにしている。

予想通り、予想以上の結果をお客様から教えていただけると、それは
それで、とても嬉しいことで、思わずガッツポーズの一つもしたくなる。

これからも、結果に対するこだわりを持ちながら、いつまでも、結果に
対する感動を忘れずに、チームワークで仕事に取り組んでいきたい。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

優しい犬の瞳に教えられた「助けること」「与えること」 ~忘己利他の気持ち

助けてあげたら助けてもらえるんじゃないか、そんな見返りを求めてしまう自分はまだまだ未熟。与えて、与えて、与えて、それでいいじゃないかと言葉にはするのだけれど、心の帳簿に薄い印を記している打算。与えるこ …

no image

ある日を境に、きみは檻の向こうへと行ってしまう命だった。

ただ捨てられる命 犬・猫、殺処分を公開 松山の施設 当時、中学生だった僕の家の近所にはたくさんの野良犬たちが住んでいて。そのうちの一匹を、夜の間だけ、家に泊まらせてあげていた。 ある日、保健所の車に、 …

とあるパーティー。

予想以上に規模が大きくて驚いた。

no image

聴力を失った日

最後に曲を作ったのはいつだったろうと思い出しながら、無性に鍵盤に向き合いたい衝動にかられている。現実にはそんな時間はまるでなくて、理想とのギャップがただただ切ない。ストレスからくる耳鳴りは、とうとう、 …

納涼。

水の中にもある季節。 ただ、秋を待ち秋を待ち。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly