川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

明日に何が残せるか、赤提灯の似合うおっさんで。

投稿日:

大掃除。

窓を全部はずして、拭きまくり。
意外に重たくて、腕も腰もへとへと。

庭に放ったらかしにしておいた、抜いたまんまの雑草たちを
ゴミ袋に入れようとしたのだけれど、昨日からの雨で水分を
吸いまくっている。

仕方なく、シャベルで庭に穴を掘って埋めることにした。

 「ちょっとした死体遺棄だー☆」

そういうことをご近所に聞こえる声で言ってしまう自分が好き。

うまく腐って、来年また植えようと思っているスイカの肥料に
なってくれるといいな。

松山千春のディナーショー(於:熊本)に出かける母を西明石駅まで
送って、その後、散髪とクリーニング屋。

読書は、東野圭吾さんの「鳥人計画」を読み終えて、飯塚訓の「墜落遺体」を
読み始めたところ。むかし、少しだけ勉強を見てあげた子のお父さんは、
まさにその日航機墜落事故の犠牲となられた方の一人であった。

ひとの運命は、10秒先さえ、どうなるかわからない。

死が、誰にも必ず訪れ、しかしいつ訪れるかわからないものであるならば、
せめて、「こういう人であった」と語られるだけの、何かを残しておきたいと
常々思う。

信念をもって行動すること。
それが、自分の痕跡となって、誰かに刻まれるようであればいい。

Sさんにワインの楽しさを教えて貰ってから、はまっている。

どなたでも、来年は、是非、おいしいワインを飲みに連れていってください。
カタカナっぽいお店はどうしても苦手で、なかなか行けないもので。

赤提灯で、タイガースの話を知らないおっちゃんとするのは得意なんだけどなぁ。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

Wii Sportsで痛んだ僕の右手と、淋しい気持ち。

あーちゃん、週末の間だけ再入院。 症状が悪化、というのではなく、帰宅後も、あまり食事を取らず、十分に眠れていない様子なので、とりあえず、一度病院で預かろう、とのこと。 実家に行って、その場所にいないこ …

no image

折れないでいる、ここからの、これからの。

心配を「心配だ」と口にして、自分を凹ませていくのも辛い。 今は、仕事の忙しさに身を任せて、お役に立ちたいという奉仕の気持ちで自分を奮い立たせていこうと思った。 考えてやれること、は、きっとあるはず。 …

no image

午前3時半。

面会できた、意識はまだか。

CDという形に残るもの、出会いという心に響くもの。

blogのサイドバーで、Twitterの発言内容を表示するようにしてみました。→ @bataで遊んでいます。是非、ゆるりと繋がっていただきたく、フォローなどいただければ。 ばた on Twitter …

no image

川柳を通じて、広がり、得るもの。

小僧さん、はじめまして。 コメント欄で、お褒めいただきありがとうございました。身に余る光栄です。 川柳は、短くも、その中に人の心を投影する不思議な魅力を持っていますね。いまは、共感する句に出会えたり、 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly