川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】転移した場所を静かに撫でていた   ばた

投稿日:

なぜ? を声に出すこともなく。
静かに、祈りを込めて。

手のひらの「どうか」。

ココロからの「どうか」。

===

  【掲載】転移した場所を静かに撫でていた

    ふあうすと2008年1月号
    全人抄(赤井 花城選)

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】梅雨明けの空 今日からは今日からは   ばた

きっかけ、でもいい、口実、でもいい。 とりあえず、でもいい、ようやく、でもいい。 忘れるための太陽なのか、背中を押すための風なのか。 とにかく、きっと。抜けたところにある、この場所からは。 もう、眩し …

no image

【川柳】そしてまたひとを許して神様は   ばた

今度こそはっ 神様の呟き、神様のため息。 曇天である理由はそんなところなのかもしれない。 空を越えていく放物線は 虹であるはずが誰かを傷付けるための ミサイルの匂いを残していて。 ===   【掲載】 …

川柳マガジン初めての特選。

投句を続けて一年ちょっと。 はじめて川柳マガジンで特選に選んでいただきました。活字にしたい句だったので、高い評価が得られて嬉しい。 いいこと、わるいこと。色々ある中の、ほんの温度が心に染みます。 川柳 …

no image

【川柳】ジョーカーのいない笑顔は信じない   ばた

真っ白な心なぞあるものか、と思ってしまう。 そんな自分に嫌気を覚えながらも。いろんなジョーカーを抱えて笑顔。  生きていくのに、やっぱり欠かせないカードなのでしょうか。 ===   【佳作】ジョーカー …

no image

【川柳】春物が隙を伺う冬の背な   ばた

もうすぐ出番。予感ある躍動、さあ、さあ。 風は頬に触れて。 すっかり温度を帯びた街は、何の演出もいらないような光を放ち、 おいでおいでの手招きを始めていた。 ===   【掲載】春物が隙を伺う冬の背な …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly