川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】ランドセル抱いて 百人祈る母   ばた

投稿日:

誰にいじめられるでもなく
誰を傷付けるでもなく

どんな笑顔のときにも
どんな悲しみに触れるときにも

よこに まわりに そばに ずっと

温もりの宝もの つづきますようにって

どの母も どの子にも

まぶしいばかりのスタートライン
きらり 桜の風のなか

===

  【入選】ランドセル抱いて 百人祈る母

    2008年1月蛸壺川柳社
    兼題(「新」、森田 律子選)

Google

Google

-川柳

執筆者:

関連記事

no image

【川柳】この線を越えさせぬ血は父だろう   ばた

いつも、僕の。正義と、優しさと、道徳と、決断の。 確かな線でいてくれて。 ありがとう、これまでの、どうも。 よろしく、これからも、どうぞ。 ===   【入選】この線を越えさせぬ血は父だろう      …

no image

加藤鰹さん追悼川柳句会の結果発表、特選に選んでいただきました

加藤鰹さん追悼川柳句会の結果発表。 印象吟、高瀬霜石さんの選で自句を特選で抜いていただいた。これから先、鰹さんの名前がどこかで思い出され、誰かが検索する。都度、この追悼句会のページが検索の上位に表示さ …

no image

【川柳】国境の濡れ雑巾が追いつかぬ   ばた

繰り返してばかりの、争いの炎に。 飽き飽きしていて、それは、天気予報と変わらないくらい、見慣れたニュースの一部だった。 きっと、誰かが始めたんだろう。きっと、そのうち終わるんだろう。 そんな程度の認識 …

no image

【川柳】親指の硬くなるまで空越えて   ばた

昔は手紙、今はメール。 空を越えて、すぐに伝えたがる心に親指は一生懸命でした。 いつか一生懸命は重たくなって。 遠く、遠く。 遠く、遠く。 霞んでいく情景の中に どうしてでしょうか。浮かぶものは 飛び …

no image

【川柳】死にたいと言い秋刀魚など焼いている   ばた

秋がやってきましたなぁ、今年も、今年も。 ===   【掲載】死にたいと言い秋刀魚など焼いている     ふあうすと2007年10月号    全人抄(谷口 幹男選)

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly