川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

僕は会社をこんな風であるがために。

投稿日:

自分に何かがあっても、会社は存続していなければならないし、
置かれている状況に変化があって、それが会社の経営に影響を及ぼすと
すれば、組織の形成の仕方に問題があったことになるのだろう。

だから、まだ組織としては本当に小さな複数形のこの時期だからこそ、
組織としての在り方にこだわりたい。

最近、努めて「組織」という言葉を口にするのはそのためだ。

先輩に後輩の指導を託す、任せる。

一度任せたものを、自分の立場から口を出してしまえば越権行為という
ことになる。継承させたい技術などが自分にあるならばともかく、自分が
伝えたいのは、雰囲気だとか姿勢だとか、お客様に対する気遣いそのもので
あって、職能分野については、先輩(上司)から継承されるようにするのが
理想だ。

先輩たる人物については、後輩の育成にあたっての責任ある指導能力や
士気(やる気)の維持、向上の仕方などが評価の対象として問われるように
するべきである(書くまでもなく、当たり前のことであるのだけれど)。

経営者って、ビジネス書の受け売りのような美辞麗句を並べがちだ。

でも、耳ざわりの良さだけでその言葉を使ってしまうがために、社員の立場
からは「実行力が伴わない」だとか「口だけ」と陰口を叩かれてしまう。

自分は、それをこうしてブログに書くことで、自らの退路を断ちたいし、
覚悟と責任をもって、会社の舵取りに取り組んでいきたいと思う。

求めるものは、もっと厳しくなるだろうし、仕事ありき、お客様ありきの
姿勢を貫くことが出来なければ、血の入れ替えを考えることもあるだろう。

自分にとって、仕事は人生そのものであり、オンやオフといった切り替えを
必要とするようなものではない。

自分の姿勢を明示。

何年先にも、このメッセージは残る。
ぶれのある自分であってはいけない。そしてまた、

 「そう、言っただろ」

と、突きつけるためにこの言葉が使われることのないよう、毅然とした
態度で臨んでいきたいと思う。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

商売人はエンターテイナーであるべきか ~経営者の当たり前はお客さんの当たり前ではない

「さすがは経営者同士だと話が早い!よくわかってくれる!」 そう感じることも多いのだけれど、それは味方をしてくれる場所を知っていて、自分を正当化するために持ちかけているのかもしれない。経営者にとっての当 …

no image

「動員目標」という言葉を使ってしまう危うさ ~ノルマと目標の違い~

月末や年度末が近づくと「同友会 退会」というキーワードで検索からやってきてくれる方が増えてきます。 「同友会 退会」というキーワードで2~3位あたりに表示されるうちのブログ。改めて読み返してみると「わ …

no image

書くということは視点のトレーニングになる ~プラス言葉クイズに挑戦を

自分もブログを継続的に書いていけるようになりたい、川柳や短歌という文芸に挑戦してみたいので相談に乗ってほしいというご依頼をいただくことが増えた。 「書く」ということは視点のトレーニングになると思ってい …

no image

行動をともにした人間にだけ共感は生まれる

吐きかけられてもいない唾を「かけられた」と言えば、相手を攻撃できてしまう世の中。「かけられたんだね」と被害者を信じるのか、「あの人がそんなことをするわけがない」と相手を信じるのか。踏み絵のような毎日を …

no image

今日の言葉が永遠の基礎となることを

完全に伝わることはないとわかっている。言語。それでも、ぎりぎりまでを攻めて、響け、と念じている。言葉。職人たちの研ぐ光にも似て、僕たちは今日の風の色を置き換えて刻むことをやめようとはしない。言霊。 詩 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly