川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

生きてる間に言えなかったけれど、父は僕の。

投稿日:

いろんな方にご連絡いただきました。
ありがとうございます。

メールやコメントに返事できてないのが心苦しいです。

通夜は金曜日の19時、葬儀が土曜日の11時からになりました。

水曜日、18時に集中治療室に入りました。

入って、先生が説明を始めた途端に、先生の背中のモニタの数値が
異常を示し始めました。

延命ではない、これは治療だ。

先生は一生懸命やってくださいました。
でも、父は意識のないままに、とても苦しそうでした。

耳元で、叫び続けました。

病院に響き渡るくらい、叫びました。

でも、届きませんでした。

前日から、足の壊死が始まっていました。

足を切るくらいなら、死にたいと父は言っていました。
切らないままに旅立ったのは、父の意地だったのかもしれません。

苦しみから解放された全身には、いろんな傷跡が残っていました。

治療に耐えて、僕らに、存在するだけで、優しさと勇気を与え
続けてくれました。

一日経って、なんだかまだ、実感がなくて。

父親のことを思い出しては、何度も何度も笑って、お腹を抱えるほど
笑って。

 で。

さいごに、「さみしいよ」って、父の横にいて、泣いてしまいます。

明日、明後日。

喪主として、父をしっかり送ってやりたいと思います。

ごめんなさい、でもきっと。
最後には、子供に戻って泣いちゃうんでしょうね。

とうさん、とうさん、ほんまに、ごめんな。

大好きやったよ。

言いたかったな、ちゃんと、笑って、話してるうちに。

すこしずつ取り戻します。
時間、少しの間だけ、ください。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

ビンゴ。

当ててくれー。

no image

まだ背中に追いついてないねん。

救急車でポートアイランドの市民病院に移送された父の見舞い。 心不全、痰を出そうとして咳をするのだが、それを上手に切ることができなくて苦労している。 その都度、モニターに映し出された数値が激しく動くのが …

これまでに経験したことのない貴重な記念撮影。

記念撮影。 40度オーバーなんて、人生初じゃないでしょうか。これは珍しい、これは貴重、ということで、痕跡を残します。 インフルエンザだと誤解された方も多かったようですが、扁桃腺炎によるものです。3年前 …

生きていた証、今はいないという空虚感。

32歳ガン漂流エヴォリューション/奥山貴宏 blogを一通り読んで、本を読んでみたくなりました。文字を通じて生前の作者に対峙しています。どれだけ生きたかったことだろう? 彼の見た景色は今も変わらないま …

ある読解。

すぐ挫折。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly