川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

生きてる間に言えなかったけれど、父は僕の。

投稿日:

いろんな方にご連絡いただきました。
ありがとうございます。

メールやコメントに返事できてないのが心苦しいです。

通夜は金曜日の19時、葬儀が土曜日の11時からになりました。

水曜日、18時に集中治療室に入りました。

入って、先生が説明を始めた途端に、先生の背中のモニタの数値が
異常を示し始めました。

延命ではない、これは治療だ。

先生は一生懸命やってくださいました。
でも、父は意識のないままに、とても苦しそうでした。

耳元で、叫び続けました。

病院に響き渡るくらい、叫びました。

でも、届きませんでした。

前日から、足の壊死が始まっていました。

足を切るくらいなら、死にたいと父は言っていました。
切らないままに旅立ったのは、父の意地だったのかもしれません。

苦しみから解放された全身には、いろんな傷跡が残っていました。

治療に耐えて、僕らに、存在するだけで、優しさと勇気を与え
続けてくれました。

一日経って、なんだかまだ、実感がなくて。

父親のことを思い出しては、何度も何度も笑って、お腹を抱えるほど
笑って。

 で。

さいごに、「さみしいよ」って、父の横にいて、泣いてしまいます。

明日、明後日。

喪主として、父をしっかり送ってやりたいと思います。

ごめんなさい、でもきっと。
最後には、子供に戻って泣いちゃうんでしょうね。

とうさん、とうさん、ほんまに、ごめんな。

大好きやったよ。

言いたかったな、ちゃんと、笑って、話してるうちに。

すこしずつ取り戻します。
時間、少しの間だけ、ください。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

日本で一番クチ下手な営業、で、いいのです。

「営業って、口が上手じゃないと勤まらないですよね? 僕には無理だなぁ」 傷付く言葉です。“口さえ”上手ければ、誰にでも出来る仕事なんでしょうか。 僕らは、お客様とキャッチボールをします。 1)目指す方 …

no image

心をどう届けたか、ではなく、心はどう届いたか ~言葉は足し算ではなく、引き算をする

頼りにされていると思えば強くなれるし、利用されていると思えば卑屈になるし。紙一重を埋める言葉と心の遣り方を、する側になってされる側になって、色々と考える。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 …

梅雨の合間の北条鉄道  ― 疲れたら、背伸びと深呼吸の場所。

長(おさ)駅。 北条鉄道沿線は、絵になる景色がたくさん。 一両編成の、こんな可愛い気動車がやってきました。   青いユニフォームを追いかけてみたり、鉄と緑の萌える場所で歴史を感じてみたり。 …

no image

自信を持つこと、自信を持ちすぎること、伝えるものではないこと、伝わるということ

自分という人間にこれっぽちも自信が持てないので、頼りにされ、必要とされると嬉しくなる。そうして引き受けたことの多くが同じ時期に集中してしまって、今度は、ただの無責任な人間になり下がってしまいそうなので …

親戚が部屋に集まっての。

大騒ぎな宴会も終了。いつまでもここは、心の故郷に直通する居場所ですね。 さて、部屋に戻って、余韻に浸って。 少しだけ、本を読んでから、ゆっくり休みたいと思います。 明日は松本城を見学してきます。おやす …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly