川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

誰か一緒に悲しんでください。

投稿日:

今日は、ふあうすと川柳大会。

1年に1度の大きな大会で、今日の課題のために、数ヶ月前から作句に取り組んできた。
仕事を忘れて、悲しみを置いて、雰囲気を純粋に楽しんでこよう。

1年前は、全部没だった。 今年はどうだろう。

式に来ていただいた方のリストを整理、熱帯魚の水換え。
本屋やスーパーに行ったり、昼寝をしてみたり。

「それまで」の日常に近い土曜日の過ごし方をした。

白い絨毯に真っ赤な野菜ジュースをこぼしてしまったことだけは、唯一の予定外。

平常や心は、こんなプロセスを経て、少しずつ取り戻していくのだとわかった。

これから、どうしたって自分の周囲では、同じ悲しみを経験する人たちが増えてくる。
どのタイミングで、どんなことが手伝ってあげられるのか、それが少しわかったのは
自分の成長の糧となったのかもしれない。

ところで、白い絨毯を失った悲しみを、どなたか一緒に共感してもらえないですか。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

「まつ」ばかりじゃ痛くて、ここからは。

ぼーっとしてると、刺される。「まつ」ばかりでは。 イタタ。 毎日を仕切り直して、自分を腐らせないようにしていく。しんどいことが続いても、過ぎれば、いつも強くなってこられた。今はきっと、ホンノヒトトキ。 …

no image

部屋の底が抜けそうになって、なくなく本を手放すことにした

さすがに本を処分しなければ部屋の底が抜けてしまいそうで、100冊ほど買い取ってもらうことにした。Amazonの箱たちに分けて持っていくと、その箱も処分してもらえて一気に部屋が片付く。値段がついたのは6 …

六丁目。

no image

節目となったこの一年に。

一週間ぶりのパソコンからの更新。 引っ越しも工事も無事に終わりましたが、未だ片付かず、乱雑に散らかったままの状態で新しい生活を送っています。 生まれてこのかた、8畳以上の部屋で生活したことなかったので …

犬の糞片手に笑顔の美女。

美香とゆうことメル@明石川沿い

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly