川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

誰か一緒に悲しんでください。

投稿日:

今日は、ふあうすと川柳大会。

1年に1度の大きな大会で、今日の課題のために、数ヶ月前から作句に取り組んできた。
仕事を忘れて、悲しみを置いて、雰囲気を純粋に楽しんでこよう。

1年前は、全部没だった。 今年はどうだろう。

式に来ていただいた方のリストを整理、熱帯魚の水換え。
本屋やスーパーに行ったり、昼寝をしてみたり。

「それまで」の日常に近い土曜日の過ごし方をした。

白い絨毯に真っ赤な野菜ジュースをこぼしてしまったことだけは、唯一の予定外。

平常や心は、こんなプロセスを経て、少しずつ取り戻していくのだとわかった。

これから、どうしたって自分の周囲では、同じ悲しみを経験する人たちが増えてくる。
どのタイミングで、どんなことが手伝ってあげられるのか、それが少しわかったのは
自分の成長の糧となったのかもしれない。

ところで、白い絨毯を失った悲しみを、どなたか一緒に共感してもらえないですか。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

シェフの気まぐれホットケーキと苦味の効いた胃薬。

中途半端に「残る」のも嫌いなもんで。 正月早々、ホットケーキを、「箱の粉目一杯」使って作ったんですよ。 いやね、それがね。 奴ら、ホットケーキってばね。   ふくらむ んですよ、製造過程におかれまして …

no image

洒落た食器を売るお店に来て君は、どんな料理が並ぶのを想像して笑ったんだろう

朝までは元気だった人が、自ら命を閉じて、夕方。 警察の検視が終わって落ち着きを取り戻した場所に向かうと、何事もなかったかのように人々は行き交い、家路を急いでいる。残留思念のようなものを感じ取った気がし …

no image

無念の夜を残しておく。

あまりに理不尽で眠れない夜に、感情の欠片を残しておく。 論理の崩壊に対して自分が大切にしたいと思ったのは、やっぱり商売人の仁義だ。ビジネスというカタカナが先に立ちやすい世の中で、僕の矜恃は古臭いのかも …

no image

経験談を語る年上は、価値を下げることが多いから。

経験談は、上手に語らないと相手を戸惑わせるだけだ。 「教えてあげたい」という年上の気持ちは理解できる。ただ、苦労話や成功体験などは、相手が挫折しているときにヒントを与える意味でのみするべきで、その空気 …

no image

いつもの朝を待っています。

血圧87-42、発熱。暑いねと声をかける。いつだって優しいひろ兄ちゃんは声を絞り出して答えてくれる 「飯は食べたのか?」 夜は長い。ちゃんと朝が来てほしい。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly