川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

誰か一緒に悲しんでください。

投稿日:

今日は、ふあうすと川柳大会。

1年に1度の大きな大会で、今日の課題のために、数ヶ月前から作句に取り組んできた。
仕事を忘れて、悲しみを置いて、雰囲気を純粋に楽しんでこよう。

1年前は、全部没だった。 今年はどうだろう。

式に来ていただいた方のリストを整理、熱帯魚の水換え。
本屋やスーパーに行ったり、昼寝をしてみたり。

「それまで」の日常に近い土曜日の過ごし方をした。

白い絨毯に真っ赤な野菜ジュースをこぼしてしまったことだけは、唯一の予定外。

平常や心は、こんなプロセスを経て、少しずつ取り戻していくのだとわかった。

これから、どうしたって自分の周囲では、同じ悲しみを経験する人たちが増えてくる。
どのタイミングで、どんなことが手伝ってあげられるのか、それが少しわかったのは
自分の成長の糧となったのかもしれない。

ところで、白い絨毯を失った悲しみを、どなたか一緒に共感してもらえないですか。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

ゲロる女性。

昨夜。 駅のホームで、誰に介抱されることもなく女の子が一人ゲロっていた。あまりにも悲しい後ろ姿。せめて背中だけでもさすってやろうかと、そばに寄ってみたら。 なんだ、おい、見たことのない茶色のゲロ。 黄 …

ふあうすと川柳社80周年記念大会。

今日は大会。印刷で貢献しているからと、感謝状をいただきました。有り難いことです。 さて、ここからは一柳人としての参加。 句は選んでもらえますでしょうか。

それぞれの、相応の。

「食べ放題」や「おかわり自由」なお店だけを選んで通った大学時代、その仲間たち。あれから10年以上の時間が過ぎて、久々の再会は居酒屋。外見もおっさんそのもので、会話も年齢相応のくたびれたものになってしま …

no image

明石の巨匠、小原実知成さん。

機種変してきました。 Y!ボタンがついて、手軽にネット接続出来るようになったから、面白いようにつなぎまくってます。 904SHからの機種変更ですが、ちょっとしたインターフェースが改良されてるだけで、ネ …

落とし穴は存在するのではなく、穴は、自らが作るものではないか

神戸市役所前の研修センターで、一日会議。 大人で、経営者で、向上心あるメンバーの集まり。刺激を得て、会を運営して、まわりまわっていつか、還元されてくるもの。 そのための、いま、Give&Gi …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly