川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】目尻にも春 泣き虫はもういない   ばた

投稿日:

春を泳いで、明日を見つけた。

こぼれ始めた笑顔、迷いのない決意。
もう、きっと大丈夫な君は、追い風に吹かれ始めた。

どんな繋がりを持つ、これからの。

どんな広がりを見る、ここからの。

泣いていた足元、すっかり、咲いて。

それは、追い風に吹かれ始めた季節のことだった。

===

  【掲載】目尻にも春 泣き虫はもういない

    ふあうすと2008年4月号
    裏表紙

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】半分にしたアンパンと秘密基地   ばた

語った夢の無限大。見上げた空の、どこまでも。 大きくちぎれた方をもらった。 君とした話の、全て、そのままが、どうか今でも約束でありますようにって。 砂を踏みながら思い出すこと。青を見つめながら願いたい …

no image

【川柳】戦争と平和 カルビとさとうきび   ばた

つまり、それほど、遠くもなく。こっちとあっちの隔たりは、脆くあり。 ざわわ、ざわわの、風の舞う場所。 眠る魂たちは、何か、微妙な空気を感じ始めている。   のだとすれば、さて。 ===   【掲載】戦 …

no image

【川柳】向日葵が背中を曲げて茜雲   ばた

もたれかかるような、くたびれたような。 そんな表情を見せるこの時期の向日葵の向こう側に、赤が広がる。 包み来るようなその優しさに、もうすぐ一年の3分の2が終わろうとしていることに気付かされる。 小さな …

【川柳】マフラーの長さのようなありがとう  ばた

人は温度、人はありがとう。 ビー玉を集めた一生懸命で、今日も明日も、ボクもアタシも。そして、やがて。 笑い皺、笑い声、君に、あなたに。 当たり前を、道の真ん中において。

no image

【川柳】ぐうと鳴く虫よ昭和を知ってるか   ばた

白黒の時代を知らない僕らには。 想像することさえ難しくて。今日も、呑気に、おかわりをしてる。 だけど、父さんの、母さんの、父さんや、母さん。 未来なんて言葉を軽々しく口にすることが憚られた頃の。ほんの …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly