川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】目尻にも春 泣き虫はもういない   ばた

投稿日:

春を泳いで、明日を見つけた。

こぼれ始めた笑顔、迷いのない決意。
もう、きっと大丈夫な君は、追い風に吹かれ始めた。

どんな繋がりを持つ、これからの。

どんな広がりを見る、ここからの。

泣いていた足元、すっかり、咲いて。

それは、追い風に吹かれ始めた季節のことだった。

===

  【掲載】目尻にも春 泣き虫はもういない

    ふあうすと2008年4月号
    裏表紙

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】二日目のカレーも負ける春である   ばた

 動機にもなる、口実にもなる穏やかな季節。メイドインジャパンであることが誇らしくなる時期でもあるが、政局の混乱はどんな風に桜を揺らすのだろう▼毎月のふあうすと誌、毎年の年鑑、そして今年は80周年記念同 …

no image

【川柳】花よ花忘れさせてはくれないか   ばた

絵の具にないその色の、優しさの。包まれて、誘われて。 ひとときでもいい。 どうか、この疲れから、悲しみから。僕を解き放ってはくれないだろうか。 花よ花、花よ花。 ===   【入選】花よ花忘れさせては …

寂しくて泣いたし、嬉しくて泣いたし ― 父の子で、母の子で。

康孝の孝 父の名と母の詩と こんな句を作って、blogに掲載したのは、父が亡くなって半年が経った去年の秋。 大会で選ばれたわけでも、誰かに認められたわけでもない。でも、今までに自分が2000句以上もの …

no image

【川柳】白線の内側 鬼も胃薬も   ばた

選者:中川 一さんの選後評  何故「鬼」と「胃薬」が並列にならぶのか。その意外性が句の幅を広げる。臆病になった鬼は縄張りの外へ少しでもはみ出すことを恐れ、胃薬は箱と説明書に使用上の注意をぴっしりと書く …

no image

【川柳】ため息の薄くなるまで 高い空

 高校生のころ、京都の街を歩いた、空を見上げた。歴史上の人物も同じようにこの空を見上げたのかなと、想いを張り巡らせた。そして僕は京都の大学に通いたくなった▼どんな時代の、どんな場所にも、同じ色の空があ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly