川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

葬儀会場に向かう寝台車が黄色く染まった。

投稿日:

警:
「規則ですから、フェアに取り締まってますから」

ば:
「では、あなたの父親が亡くなったら、自宅から何百メートル先の駐車場まで、
がらがらとお父様を転がして運んでいかれるわけですね?」

警:
「・・・。誰かが、車のそばで取締がないかどうか、見ておくことは出来ましたよね?」

ば:
「葬儀会社の人が来られて、最期の旅立ちのために父の好きな服を着せてくれている。
そんなときに、父を見守らずに、あなたは、ぼーっと警察が来るか来ないか、車を
見守ったりしているわけですか?」

警:
「・・・そ、う、ですよね」

あまりに悔しいので、今日になって抗議をしてみたのでありました。
不幸の黄色い切符。

まだ最終判断は出ていませんが、多分、大丈夫になる模様(改めて署へ行ってきます)。

前向きに解釈してください。

はい、つまり、それくらいもう、元気な日常してますよーって、ことで。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

花粉を克服した男前。

つくし飴をサンプルでいただいた。 待ち合わせの屋外でいただき、早速試食。舐め始めて5分も過ぎた頃には、鼻の通りが良くなってきた。 屋外で聞く、久々の男前の声。これは素晴らしい(声が?) 結局、夕方まで …

バグ取りに丸一日以上。

たった一つの『改行』が、プログラムの動作をおかしくしていました。見つけるまで丸一日以上かかった。 今夜は眠れそうです。

明石妙見社 – ストレスを吐き出すことの出来る場所。

ツツジで有名な明石の妙見社。 石田三成に仕えた軍師、島左近が尊像されている。明石の柳人として有名な助川助六さんの「どの鯛も明石で獲れた貌をする」の句碑があるのもこの境内で、明石の観光コース「時の道」沿 …

no image

時計の針に期待することは日々変わっていく

祖母を見舞いに立ち寄る。白い壁、身体から伸びていくコード、今の何かを伝えるモニターの数字。病院を出たら外は雨だった。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2016年9月19日 …

【フォト川柳】色の降る日は すぐそばのかくれんぼ

ジョギングの空に見つけた。 色づく日を待っている景色。秋の絵の具は、きっと近くでかくれんぼ。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly