川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

夏はすこしだけ鋭利に始まった。

投稿日:

七日ごとの集まり。

形ばかりのお経、気持ちの問題だよ。
話題にのぼる父の思い出は、昨日の温度を添えて繰り返される。

真夜中の墓苑巡り。
4ヶ所ほどを回って、母に、強く、あるところを主張した。

「明石駅のホームで見た公園とお城。それで、ここに決めた」

明石に住むことを決めた理由を語った父の。

それを覚えていて。
そして、僕に流れる血の中にも、同じ沸き立つものがあり。

(ここなら、きっと)

対話という名の、息子の直感って奴だと信じたい。

スーパーに並ぶ西瓜を眺めた。

棺の中にも、切り分けた西瓜を入れてあげた。
父は、とても西瓜が大好きな人だった。

ふと、そして、そんなことを思い出して。

ある対象を通じて浮かぶ懐かしさと寂しさは、まだ、まだまだ、
尖った角度のままに心に迫り寄ってきては苦しい、夏の訪れだった。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

緑のなかに響く歓声、リードに繋がれた犬や肩車たちの笑顔を眺めていると

僕の春のカレンダーには、愛犬たちと家族の命日が続いていて、いろんなことを思い出すのですが、たまに立ち寄る仏壇にはまるで誕生日を思わせるような賑やかな演出が幾つもあって、僕たちとみんなの関係と、僕たちの …

芦屋川の駅から六甲山頂、そして有馬温泉へ ~チームという列は、長くならない程度に頂点を目指した

阪急芦屋川駅から六甲山頂を経て有馬温泉まで。サイコーだった。仲間で何かをやる、とか、助け合う、とか。今はそういうのが響く。待つこともそう、鼓舞することもそう。響く、ひびく。 — 西端康孝 …

もうすぐハロウィン。

パンプキンなフラワーアレンジメント。 秋ど真ん中。時間は過ぎていく、加速しながら。

川柳締切直前。

今月はまだ出来ません。締切は明日の消印有効。 絶望的…。

no image

たいへんたいへん、明日16日は!!

わたくし、ばたさんの29歳の誕生日ですよー!!!

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly