川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

明石に浮かんだ地震雲。

投稿日:

低気圧が近づいたり大潮の時にだけ。

うちの水槽の魚たちは独特の「落ち着きの無さ」を見せるのですが、昨日あたりから
(そんな日ではないにも限らず)同じように動きまわっています。

気圧の変化に敏感(察知?)なんですよね。

なのに、西から天気が崩れる気配でもない。


5/11(日)夕方、明石市内で撮影。

いわゆる、こんな、地震雲の一種も空に見つけました。
なんだかちょっとだけ、いやな感じ。

一週間の始まり。

今週の新しい出会いを強くイメージしながら、気合をいれて。
頑張ってまいりましょう。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

まものの群れがあらわれた!

嵐の日のビニール傘と、ゾーマを目の前にして装備する「ひのきの棒」は似ているのかもしれない、 と、トランクにあった6本の武器たちを見て、思った。

泉大津SA。

しばし休息。

no image

父の居てくれたこと、居てくれること。

手術は大成功だった、奇跡だった。 余命という未来は、ひとまず打ち消された。足を切らなければいけないという危機は、ひとまず過ぎ去った。 手術は大成功だった、みんなの願った奇跡だった。 — 左 …

花粉症ではなく。

風邪ひいたっぽい。 寝ます。週明けはまた、大量納品あり。

no image

会者定離、生者必滅、生死不定、生死無常

知人友人家族、繋がりのある誰か。 病気になれば、当然に心から快癒を祈る。元通りになることを信じて疑わない。ところが、時々、カウントダウンの針の音が聞こえてくることがあって、その音に従うように会いに行っ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly