川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

仏壇を開くと見える糸がある

投稿日:

チラシで、近所で仏壇の展示即売会が行われていることを知る。
朝、母を連れて見に行ってみることにした。

仏壇だとかって結局、故人のために必要というよりは、大切な人を失った家族の
心の安定のために必要なものなのだろう。これから先、父と向き合う機会の一番多い
母親が、とことん納得するまで選べばいい。

一時間以上検討に要して、最後は家具調の仏壇を気に入って、購入に至る。
心の対話、語らいの場所が出来たことで、母もほっとした表情を浮かべていた。

父という精神的支柱が、これからも実家にあるのだと思えること。

宗教的な意味にこだわるのではなく、そんな位置付けで自分もまた、父のエールを
受け取りに通いたいと思う。

明日、日曜日は、いよいよ四十九日の法要。

浄土真宗の場合は、臨終と同時に諸仏になるという考えだそうなので、いわゆる
閻魔様云々というイメージとは違うらしいけれど、家族にとっては一つのけじめと
なるタイミングでもあり、しっかりと父を偲ぶ時間として考えたい。

昔は、仏教や葬式、法事の類なんて大嫌いだったけれど、仕事で関わりを持つことが
多くなって以来、神道や仏教、仏事に関する本は、家に20冊以上を数えるように
なった。

宗教に傾斜はしなくても、神仏に、自然と崇敬の念を抱いては、掌を合わせることが
出来るようになった。人間、変われば変わるものである。

昼から部屋の掃除。

晩、明日の法要に合わせて静岡からやってきてくれた叔父さんを家に招いて、
食事をした。来客があると部屋を必死で片付けるので、やっぱり定期的に誰かを
お招きするようにしなくちゃいけないなぁ。

どなたか、いかがなもんでしょうね。

タイトルは、以前、全日本大会で佳作に選んでもらった川柳。

この句の意味を、体験的に実感する日が、こんなに早く来るとは
思わなかった。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

明日はhappyな顔をして楽しむのです。

兵庫県神社庁さんのホームページを制作・公開させていただきました。 先日もちょこっとご紹介しましたが、兵庫県下の神社検索はとっても便利。由緒や位置など、詳細な情報を簡単に調べることが出来ますので、是非ご …

吉野の桜とは本来ヤマザクラのことだったらしい 〜ヤマザクラからの伝言

吉野の桜とは、本来ヤマザクラのことを言ったらしい。 幾重にも重なるソメイヨシノとは違って、ヤマザクラは緑のなかに点在する。幹線道路を外れて、宴のあととも見える静かな場所に立ち寄って撮影すると、彼女は涼 …

no image

2009.03.31 のココロを永遠に刻も。

大きな失敗で、お客様に御迷惑をおかけしてしまいました。 積み上げてきたものが、一瞬で崩壊していくこと。それはもう、ひたすらに申し訳ない気持ちと、目の前に存在する「ミス」という事実にうろたえるばかりで。 …

ひだまりの民に癒されながら深夜作業中。

持ち帰りの入力仕事。これが活字(雑誌)となって、全国の皆様のところに届くのです。 責任重大、眠気はまだ来ない。

撮影三昧、何処だかわかりますか?

本日、撮影三昧。 写真だけで何処だかわかりますでしょうか。 山の上、暑い。リフト、怖かった。高所恐怖症です。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly