川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

仏壇を開くと見える糸がある

投稿日:

チラシで、近所で仏壇の展示即売会が行われていることを知る。
朝、母を連れて見に行ってみることにした。

仏壇だとかって結局、故人のために必要というよりは、大切な人を失った家族の
心の安定のために必要なものなのだろう。これから先、父と向き合う機会の一番多い
母親が、とことん納得するまで選べばいい。

一時間以上検討に要して、最後は家具調の仏壇を気に入って、購入に至る。
心の対話、語らいの場所が出来たことで、母もほっとした表情を浮かべていた。

父という精神的支柱が、これからも実家にあるのだと思えること。

宗教的な意味にこだわるのではなく、そんな位置付けで自分もまた、父のエールを
受け取りに通いたいと思う。

明日、日曜日は、いよいよ四十九日の法要。

浄土真宗の場合は、臨終と同時に諸仏になるという考えだそうなので、いわゆる
閻魔様云々というイメージとは違うらしいけれど、家族にとっては一つのけじめと
なるタイミングでもあり、しっかりと父を偲ぶ時間として考えたい。

昔は、仏教や葬式、法事の類なんて大嫌いだったけれど、仕事で関わりを持つことが
多くなって以来、神道や仏教、仏事に関する本は、家に20冊以上を数えるように
なった。

宗教に傾斜はしなくても、神仏に、自然と崇敬の念を抱いては、掌を合わせることが
出来るようになった。人間、変われば変わるものである。

昼から部屋の掃除。

晩、明日の法要に合わせて静岡からやってきてくれた叔父さんを家に招いて、
食事をした。来客があると部屋を必死で片付けるので、やっぱり定期的に誰かを
お招きするようにしなくちゃいけないなぁ。

どなたか、いかがなもんでしょうね。

タイトルは、以前、全日本大会で佳作に選んでもらった川柳。

この句の意味を、体験的に実感する日が、こんなに早く来るとは
思わなかった。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

作曲をしよう、生涯ずっと。

ずっとピアノ、あるいは、電子ピアノが欲しくて探している。 音色にこだわるとタッチに違和感があるし、タッチにこだわると逆に音色に違和感を覚えてしまい、「これ」という逸品に巡り会えない。 今日訪れたショッ …

和楽さんの海苔巻お好み焼

神戸市兵庫区永沢町の「和楽」さんとブロガー名刺の嬉しくなる記事と。

土曜日、メンバーと午後から引っ越しの準備&移動&片づけ。 うちの会社にとって繁忙期である1月のこの時期に引っ越しを行う、それも自力で。無謀かもしれないが、一生懸命に掃除をしたり、お客様を送迎するシーン …

それはもう、10年以上も昔のはなし。

夜中になってから、寒気と関節痛、かるい微熱。 やばい傾向ですね、今日は早めに寝ることにします。 今日は、某女子高さんの食堂でランチを御馳走になりました。 最近の女子高校生事情などを色々と聞いて、カルチ …

no image

猛暑日のおんぶ、川沿いの鮎、夏の思い出、意地悪な太陽

「平均気温だけを見ると8月よりも7月の方が高いんですよ。お盆が過ぎたら秋の気配です」と書こうとして調べていたら、全然そんなことはなかった。8月が最強だった。 兵庫県 神戸の気温、降水量、観測所情報 嘘 …

no image

朝に聞く、しゃがれた声と内側の声と。

早起きして言葉を綴る。 色づき始めた庭のさくらんぼ。そろそろ、そうか、雀たちと戦いの時期が近づいてきた。 いくらかはあげるけど。 全部はやらんぞ宣戦布告。 — 暑かった火曜日、昼間は袖を捲 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly