川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

読書

僕も人殺しになるのだろう。

投稿日:

昼から大阪へ出た。

大きな本屋にぶらっと立ち寄るだけでも楽しい。
あれこれ欲しい本もたくさん。車で来ていれば、まとめて買って帰るのだけれど。

ここ4,5日では東野圭吾さんの本を、立て続けに3冊読んだ。

『夜明けの街で』

理性でも、理屈でもなく、盲目的に存在する想い。

運命という言葉は周囲からはとても安っぽく映るのかもしれないが、当人たちに
とっては、真剣そのもの…なのだろう、きっと。

男とは、女とは、人とは、愛とは。

深く考えさせられる物語。
ひとは、弱い生き物だということを知っている人には、特に。

『パラレルワールド・ラブストーリー』

絶対手に入れたいものと、絶対失いたくないものと。

どちらかを選ばなければならない。
どちらかしか選べない。

友情は、絶対的なもの。 

でも、友情は、ときどき風に流されてしまうもの。

『さまよう刃』

正義を守るための法律、ではない。

法律を守るための正義なのだ。
それが正論なのだ、だけど、だけど。

自分なら、どうするだろう。

悩むまでもない。

僕も、同じように何度も。

鋭く尖った刃を振り落とし続けては、大声で叫んで、泣いて。
その、何百分の一かの苦しみ程度を与えることを選ぶことだろう。

Google

Google

-読書

執筆者:


関連記事

周囲の人を巻き込んでいくために必要な「捨てる」と「仮説」の繰り返し

縁の切り方という本を刊行した中川淳一郎氏がNEWSポストセブンに寄稿した内容が興味深かった。  よく、交際のきっかけを「趣味が合ったからです!」なんて楽しそうに言う人がいるが、多分、それ以上に気の合う …

no image

宿命 ― 切れない線、はじめから、途中から。

東野圭吾さん、宿命読了。宿命著者: 東野圭吾 出版社: 講談社 サイズ: 文庫 ページ数: 378p 発行年月: 1993年07月 本体価格 619円 (税込 649 円) 送料込 高校時代の初恋の女 …

暗殺教室の殺せんせーに学ぶ、失敗というチャンスを与える人の伸ばし方

暗殺教室は、いま一番楽しみにしている漫画の一つ。 生徒に自らを暗殺させる方法を教える「殺せんせー」というタコに似た先生のキャラに惹かれるのは勿論、その授業内容にある人として大切な知恵や心の構え方が実生 …

no image

回天特攻の島、大津島。人間魚雷は本当にあった話。

これまでに何度も読み返した漫画といえば特攻の島になるのだろう。人間魚雷の目となって、敵艦に突撃していく若者たちの命の物語。 産経新聞のなかで紹介されていた遺書は、消えてしまう己の命よりも家族を思いやる …

no image

読書の秋の覚え書き。

どんな苦しさや切なさの中にいても、活字の海にいる間は、それに没頭して、自分が救われているのを感じます。 生々しいまでの「人」が描写されていると、「自分なら?」という問いかけをしながら楽しむことも。 そ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly