川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

改札口まで迎えにおいで。

投稿日:

5日、愛犬じゅにあの11歳の誕生日。

ナイスな表情。
おやつを貰ってご機嫌なのかな?(撮影は弟)

そして、明日6日は昔飼っていた愛犬じゅりーの誕生日。

天国で、うちの親父は会えたのでしょうか?
今度はもう、離れ離れにならない距離で、ずっと僕らを待ってくれていますように。

先日の千春のコンサート。

家族の話。
そして新曲「我家(わがや)」。 

壊れたように、涙が溢れ出しました。

そういえば、父は、よく「明石駅の改札まで、迎えにおいで」と仕事帰り。

僕らをバッティングセンターやボーリングに連れていってくれて、
美味しいものを食べさせてくれたものでした。

仕事の在り方を語るとき、父のことが思い出されて、僕はいつも。

臆することのない勇気と信念でもって、
今日を振り返り、明日のことを見据えています。

もっと、生きていてほしかったなって、やっぱり。

悔しさと寂しさ。

ないわけもなく、どうしても。
時々、こぼれては、こぼしては、色褪せない幾つもの宝物。

全部がまるで昨日のようのことだから、温かくて、悲しくもあるのです。

空のどのあたり、父は、犬たちは ―。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

自分たちの限界を決めないで空に触れようとする姿に

先日、高砂で撮影したもう一枚。 柵の高さは人間の都合、自分たちの限界を決めないで空に触れようとする精いっぱいに強いエネルギーを感じた。 限界が訪れる前に無理をしないでおくのも一つだし、限界が来てから休 …

カフェや公園でブログを書きたくなるiPhoneアプリ「するぷろ」に惚れてる。

出先からのブログ更新といえば、昔はメールでの更新が主だった。写真を添えることは出来ても、文字を修飾したり変化に富んだ表情のあるエントリーを行うことは多くの手間を必要とした。 それが「するぷろ」「するぷ …

ブラバン!甲子園。

この前、ネットで試聴した奴。きっと聞いてたら泣いちゃいますね。 コンクールなんてどうでも良かった。 誰かのための一生懸命でありたかったあの頃。

ライブ演奏っていうのは生き物なんだなーということを知った、楽しかった!

同友会の前支部長の慰労会でバンド演奏をさせていただいた。 アーティストの人たちがよく言う「ライブは生き物だ」という話の意味がはじめて理解できた気がする。スタジオで練習をするし、本番前に同じ場所でリハー …

神戸元町。

夜市。 元町通り四丁目『関口』の店長でもあるわが弟は、実行委員として準備と後片付けも頑張っておりました。 ご苦労様 > 弟。 小さい頃から大好きで、毎年遊びに行ってるお祭りです。 活気のある元町、いつ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly