川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

改札口まで迎えにおいで。

投稿日:

5日、愛犬じゅにあの11歳の誕生日。

ナイスな表情。
おやつを貰ってご機嫌なのかな?(撮影は弟)

そして、明日6日は昔飼っていた愛犬じゅりーの誕生日。

天国で、うちの親父は会えたのでしょうか?
今度はもう、離れ離れにならない距離で、ずっと僕らを待ってくれていますように。

先日の千春のコンサート。

家族の話。
そして新曲「我家(わがや)」。 

壊れたように、涙が溢れ出しました。

そういえば、父は、よく「明石駅の改札まで、迎えにおいで」と仕事帰り。

僕らをバッティングセンターやボーリングに連れていってくれて、
美味しいものを食べさせてくれたものでした。

仕事の在り方を語るとき、父のことが思い出されて、僕はいつも。

臆することのない勇気と信念でもって、
今日を振り返り、明日のことを見据えています。

もっと、生きていてほしかったなって、やっぱり。

悔しさと寂しさ。

ないわけもなく、どうしても。
時々、こぼれては、こぼしては、色褪せない幾つもの宝物。

全部がまるで昨日のようのことだから、温かくて、悲しくもあるのです。

空のどのあたり、父は、犬たちは ―。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

週末の句会に向けて。

作句中。 もっと言葉にこだわってみよう。もっと綺麗な句を書き記していこう。 自分らしい、ありのまんまであるそれを。

no image

書くということは自分の気持ちとの対峙

「書きためている文章だから『そのときのテンション』はすでにもう『こっちのテンション』になっていることが多いんだ」 「でも『こっち』だと思って読んでいたら『あっち』っていうこともあるよね?」 「ある」 …

no image

脳梗塞…、今のうちにご家族の方を呼んで下さい。

ここ数日で急に弱ってきていた母方の祖父(87歳)が倒れたと静岡の親戚から。 脳梗塞。不整脈や腎不全などもあり、体調は芳しくないとのこと。 「3、4日がピーク。今のうちにご家族を呼んでください」と、医師 …

no image

ど真ん中のストレートを空振り。

また眠れずに目が覚める、3時。 夢を見ていた。 走って、車に乗って、遠くへと逃げていく。約束の場所。 昔の顔が並ぶ。 許している自分がいた。許されている自分がいた。 寛大な時間だった。 帰るべき巣、そ …

DONDON上昇中。

38度9分来ました。 タミフルプリーズ? 熱い。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly