川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

改札口まで迎えにおいで。

投稿日:

5日、愛犬じゅにあの11歳の誕生日。

ナイスな表情。
おやつを貰ってご機嫌なのかな?(撮影は弟)

そして、明日6日は昔飼っていた愛犬じゅりーの誕生日。

天国で、うちの親父は会えたのでしょうか?
今度はもう、離れ離れにならない距離で、ずっと僕らを待ってくれていますように。

先日の千春のコンサート。

家族の話。
そして新曲「我家(わがや)」。 

壊れたように、涙が溢れ出しました。

そういえば、父は、よく「明石駅の改札まで、迎えにおいで」と仕事帰り。

僕らをバッティングセンターやボーリングに連れていってくれて、
美味しいものを食べさせてくれたものでした。

仕事の在り方を語るとき、父のことが思い出されて、僕はいつも。

臆することのない勇気と信念でもって、
今日を振り返り、明日のことを見据えています。

もっと、生きていてほしかったなって、やっぱり。

悔しさと寂しさ。

ないわけもなく、どうしても。
時々、こぼれては、こぼしては、色褪せない幾つもの宝物。

全部がまるで昨日のようのことだから、温かくて、悲しくもあるのです。

空のどのあたり、父は、犬たちは ―。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

西方向を眺めて。

光は絶えず。

no image

2月のスタートダッシュ。

通夜式。 集まった人の多さが、人柄を表していた。最後の最後まで、とことん前向き。 生き方は、きっと誰の心にも勇気になって刻まれた。 ほんとうに、ほんとうに、これまで、お疲れ様。ゆっくりと休んでいてくだ …

no image

動物たちに触れると眠たくなる、一緒にいると気付かなかった犬たちといる生活の効果

僕にはトラウマがある。 ある日を境に、檻の向こうに行ってしまって。体温の失われていく命の重さだけは、よくわかっている。 引用元:ある日を境に、きみは檻の向こうへと行ってしまう命だった。 | 川柳をこよ …

no image

今じゃすっかりおじさんの、明石の新成人代表。

二十歳の頃、明石市の新成人代表に選ばれてスピーチをすることになった。 どうせするなら、と、神戸のFMラジオ局に生中継をお願いして、汚い声を公共の電波に乗せてもらうことにした。 昔からそう、人前で何かを …

鬼を退治にやってきました。

鬼を退治に岡山へやってきました。ただいま、岡山駅前のネットカフェからblogを更新中。 ネットカフェ、すごいですね。 シャワーも使えるし、毛布もある。ケータイの充電器も貸してくれるし、軽食も食べられて …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly