川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

入道雲に向かって。

投稿日:


アクセル全開!

東の空の下でもお役に立てますように。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

月の裏側にて。

満月の裏側に何かがあるとしても、満月を見上げる人たちにそんな想像を迫るほうが無理がある。価値観や考え方の多様性は許容するべきだし、いまは自分の旗を振ることはしない。ただ、自分も同様に尊重されることだけ …

no image

アットホームの中にある、共通した志。

アメリカには、聴衆の心をつかむためにジョークを言う文化がある。 大統領の演説などには、専属の「スピーチライター」までいるらしく、ジョークまでをも、そのライターが考えて原稿を作っているそうだ。 さて、本 …

no image

ラーメンに浮いた髪の毛と、眠れない日々の蒼い息

頼んだラーメンに髪の毛が入っていたけれど、それを注意する元気がなかった。 今年はリレーマラソンにも挑戦した、バンドでのライブにもトライした。川柳や短歌の賞もいくつかいただいたし、投資の結果も悪いもので …

no image

名刺交換のコツは、足し算ではなく引き算の文面にあった

一か月以上続いた咳が落ち着いたと思ったら、胃の痛みに悪寒がして発熱。病院で点滴を受けて、薬袋を肌身離さず持ち歩いた。頭のぼーっとしている時間も長くなって、月末の支払いでは必要のないところにまで振込処理 …

no image

5万人に見つめられる4月。

コピーライターばたさん。4月、某スポーツジムの新聞オリコミちらしのコピーを担当いたしました。 リニューアルオープンするそのジムに 『新“爽快”店』 というコピーを思いついたときは自分は天才ではないかと …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly