川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

海水で顔を洗うと。

投稿日:


危険なほど顔の痛くなることを覚えた31才。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

腹の中にいる 暴れ狂うこの虫。

変わらなければいいと思うものほど 急な流れに巻き込まれ変わって欲しいと思うものは 頑固にそのまま居座り続けることをやめない 皮肉なものですね 変化と無変化の間の苛立ちや戸惑い 焦燥の中で みんな生きて …

no image

ピアノがあるということ、空気を入れ替えるということ

感情や人付き合いには総量があるのではないかということを以前書いた。 「総量」というのは感覚的なもので、僕はこれをよく、ベンチに例えて表現する。座ることのできる人の数は一定で、誰かが席を立てば、必ずまた …

no image

対話を繰り返して、選びました。

お弁当&川柳コンテスト(明石海苔の鍵庄さん)、結果発表。 審査員を務めさせていただきました。 よく、選者の方が「句と対話する」という表現を使われるのですが、今回の経験では、まさにその感覚を実感しました …

no image

八百津町杉原ウィーク2015短歌大会、佳作入賞しました! 嬉しいよ!

改憲の風吹くなか、八百津町で世界平和などをテーマにした短歌大会が行われていたので6月に応募したところ、佳作として入賞することができた。嬉しい。 八百津町出身の元外交官、杉原千畝が“命のビザ”を発給して …

no image

18年を一緒に生きた愛犬だからこそ。

とても冷たい人間。 犬たちを、人間と同じように考えている。人間以上に考えているかもしれない。 人間に対しては、決して流さないような涙を、簡単にこぼすことが出来る。 そう、とても、冷たい人間。 「犬と人 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly