川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】半分にしたアンパンと秘密基地   ばた

投稿日:

語った夢の無限大。
見上げた空の、どこまでも。

大きくちぎれた方をもらった。

君とした話の、全て、そのままが、どうか今でも約束でありますようにって。

砂を踏みながら思い出すこと。
青を見つめながら願いたいこと。

いまでも、だよ。

===

  【入選】半分にしたアンパンと秘密基地

    2008ふあうすと川柳大会
    課題(「なごやか」、矢沢 和女選)

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】梅雨明けの空 今日からは今日からは   ばた

きっかけ、でもいい、口実、でもいい。 とりあえず、でもいい、ようやく、でもいい。 忘れるための太陽なのか、背中を押すための風なのか。 とにかく、きっと。抜けたところにある、この場所からは。 もう、眩し …

no image

【川柳】わがままを聞いてあげよう夏至の空

空が高くなっていくと、背伸びが気持ちいい。許すような気持ちで、誰かに微笑みかけたくなる。みんなみんなが、優しさを空に向けて、立ち直っていく毎日を共有出来るといいですね、と、三ヶ月が過ぎて 前川企画印刷 …

no image

【川柳】少年の涙で僕は言いました   ばた

訴えかける気持ち。一生懸命、一生懸命。 純粋な想いを、人は、子供の頃の涙を伴って言うのです。 ===   【佳作】少年の涙で僕は言いました     月刊川柳マガジン2006年7月号    第5回川柳マ …

no image

【川柳】静脈の母は案じているのかな   ばた

僕の中を流れる血の。 母は、イヤイヤ。 父は、ウンウン。 そう、だから実は。 こんな句も一緒に沿えておきたい、僕の想念。  「動脈の父はわかっているらしい」 ===   【掲載】静脈の母は案じているの …

no image

【川柳(十四字詩)】流れ星には嘘がつけない   ばた

素直な気持ちで、待ってみたいものです。 ===   【佳作】流れ星には嘘がつけない     月刊川柳マガジン2006年7月号    十四字詩(「星」、佐藤美文選)

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly