川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

水の都の昼下がり。

投稿日:


アスファルトが太陽に焦げて、まだまだ暑い大阪の街。
川の眺めに、ひとときの安らぎを貰っているところ。

さて。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

ふところに飛び込めば。

ぐいっと懐に飛び込んでいける瞬間 ―。 そう、なかなか打ち解けることの出来なかったお客様のところで、自分のキャラを置いてくることが出来るようになるのは、なんとも言えず快感です。 それが、自分の役割なん …

no image

To live as we are 〜それでも大切な存在でいてくれる君へ

「愚痴こぼしてもいい? あ、でもさ、アドバイスとかはいらないし。根掘り葉掘りも聞いてほしくないんだ。この愚痴をこぼし終わったらスッキリするよね、スッキリする程度の聞き上手になってあげようかな、という細 …

no image

散らし雨の重さのあとに、決意の色の風は来る

桜を叩くように、執拗な雨。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2016年4月3日 散らし雨の重さを背負って、咲いたばかりの薄紅たちが壁やアスファルトを泣くように染めていた。し …

しゃべる!DSお料理ナビ。

人気あるようなんで買ってきました。 『人気』から、支持される何かを感じ取って。それを次なる発想へと繋いでいきたいのです。

原色を忘れて。

原色に遠い、雨に霞む明石海峡大橋。 差さないままの傘を持ってジョギングをしている人がいた。そうか、降り出せばウォーキングに切り替えたらいいのだと気付く。 言い訳は、道を隠してしまうね。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly