川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

誰の顔色を見る場所で、僕らという複数形は。

投稿日:

食べ過ぎてジョギングを100分、深夜2時前の帰宅。

父との思い出が残る道を走る。
勢い、浮かぶ川柳にも父が染み出してくる。

父を想う詩を書き残そうとすることは、もしかすると夜中のラブレターのような
危うさを持つのかもしれない。飾るつもりは全くない、けれど、読む人によっては、
どうしたって温度差もあるだろう。

万人に受け入れられる想いや言葉はなくても、どんな未来に読み返した時にさえ
その時の自分が納得出来ることばを綴ることが出来ればいいと思っている。

つまりやっぱり。

父が、父が、という表現は、きっとこれからも頻出するであろうことを示唆致したく、
どうかご理解のほどを。

一期一会、お客様との出会い。

電卓は持って行かない。
耳と目で、しっかりと熱意を感じてくることだけ。

相手が本気じゃないのに、本気になれるわけがない。

相手が本気なのに、本気にならなけりゃ嘘だ。

 「点」で終わらせずに、「線」になる力のすべてを。

私たちは、という複数形で実践していきたいと思っている。

お客様の横の席に、僕らはいつも座っていたい。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

ビジネスに活用されるiPhone 3GS / 印刷屋の新しいサービスへ。

金曜、iPhone 3GS購入。週末は環境の構築とフリック入力の練習に時間を費やした。 これ、生活が便利になるとか、そういう「付加価値」ではなくて、生活そのものに大きな革命をもたらすツールと言ったほう …

下手くそな分だけ、もっと鍵盤に向かえる ~ピアノは一番の理解者だった

10月26日の本番に向けて、新曲の練習開始。うまくいけば、同じ週の10月31日と11月1日も人前での演奏の機会をいただけるかもしれない。 音楽をすることも詩を書くことも、表現のひとつ。表現者で在り続け …

家にあるもの。

オーディオやら(片付かない)。

暗殺教室の殺せんせーに学ぶ、失敗というチャンスを与える人の伸ばし方

暗殺教室は、いま一番楽しみにしている漫画の一つ。 生徒に自らを暗殺させる方法を教える「殺せんせー」というタコに似た先生のキャラに惹かれるのは勿論、その授業内容にある人として大切な知恵や心の構え方が実生 …

腹ぺこです。

うどんでも食べてこようかと。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)