川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

血の池バスクリン。

投稿日:

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

僕の始まりは父の買ってくれたピアノだった。

チャー絆という若いバンドのメンバーに出会った。 アコースティックギターとキーボードの男女2人組。ピュアなサウンドの上に、忌野清志郎のような雰囲気のボーカルが乗る。 洗練されている必要はない。 自分たち …

あの日の僕等 / 松山千春 ~見上げた空は青く貧しさも将来も気にせずにいられた

松山千春さんの新曲あの日の僕等を聴く。 CHAGE&ASKAは僕にとって宗教、松山千春さんは僕にとって哲学と信条である。 春と秋のコンサートに通い続けて、もう20年近くになる。歌声や詞の内容 …

no image

松山千春 in 明石。

春からの懸案だった、実家の移転先が決まった。 結局、今自分たちの住んでいる場所から、徒歩10分ほどの中古住宅を買うことに。 明石海峡大橋の見える高台、日当たりの良い間取り。 願わくば、もう、価値観の相 …

理由。

 

no image

投げ返しやすい位置に投げるのがキャッチボールなのではないかと

昔、野球のオリンピック代表に選ばれた方とキャッチボールをしたことがある。 僕が何処へ投げても、上手に受け止めてくれて、また、僕が投げ返しやすい位置にボールを返してくれた。それだけで、僕はずいぶん野球が …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly