川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

ふたりのセールスマンの間にあったものを。

投稿日:

日産とホンダへ(トヨタは消えた)。

自分も営業をずっとやってきた人間だから、営業マンの気持ちがよくわかる。
ディーラーで車を買うのではない、人から車を買いたい。

・お客様の自尊心をくすぐる会話が出来ているだろうか。
・押し売りにならず、他社の悪口を言わず、お客様に十分「所有すること」への
 夢を語って貰えているだろうか。
・疑問に対して、十分な商品知識をわかりやすい言葉で説明出来ているだろうか。

自分なら「こう説明する」「こうフォローする」「こうは言わない」という置き換えを
しながら、時々は、こちらから上手にセールスをしやすいように話を向けてあげて、
会話を楽しむ。

安くするから、いい営業マンなのではない。
安くしていくまでのプロセスと、安くなった結果に対して、いかにお客様に納得して
いただけるプレゼンテーションが出来たかどうか、を評価することにする。

結果。

ホンダのフィットで決まりかな、と。

車自体は、コストパフォーマンスを考えても申し分ない。
街のあちこちで見かける、という「個性のなさ」は唯一残念な点だけれど、それだけ
世の中に評価された車であるということだ。

営業マンは、自然な会話の中で、こちらとの接点を探そうとする。
接点を見つけては、安心して付き合えるパートナーであることを、自分という人間性を
アピールしながら近づいてくる。

こちらから、自然な笑顔が出るようになったら、もう、それだけで満足だ。

気持ちのいい対応に、決断しないほうが失礼なのかな、と思う。
よって、来週、契約する予定。 納車はどうやら、12月になってしまうみたいだけれど。

どんな仕事の人と関わっていても、それを「自分なら」と置き換えることで、学ぶ点が
たくさん見えてくる。「モノ」だけを見るのではなく、それに伴う人をしっかりと観察し、
また、付き合い方を考えることは、これから、自分がますます「サービス業としての」
意識を高めていくにあたって、必要な時間だろうと思う。

明日からの、また、僕のお客様たちへの対応に、今日と、これまでのことを。

活かして、ふくらませて。
もっともっと、気持ちのいいサービスをしていけるようになりたい。

まだまだ出来ることはきっとたくさんある、から、今は毎日が、本当に楽しい。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

立川PA。

ここでは焼きそば天なるものに挑戦。

33歳ガン漂流(奥山貴宏)。

夢中で読んでいます。 ページをめくるたび、日付がすすむたび、砂時計のカウントダウンの切なさに襲われます。

しゃべる!DSお料理ナビ。

人気あるようなんで買ってきました。 『人気』から、支持される何かを感じ取って。それを次なる発想へと繋いでいきたいのです。

no image

魚屋さんの名刺に2桁のかけ算が書いてあるのは何故だ。

「会話の生まれる名刺を作りましょー!」 前川企画印刷のスタッフがお客様に名刺をご提案させていただくときは、いつもこのフレーズからスタートして、コピーやデザインを制作いたします。 よく勘違いしてしまうの …

no image

【川柳】幸せになれたか 割れた貯金箱   ばた

納得、じゃ、ないよね。 忘れないでいて。迷いを恐れずにいた 勇気を抱いたあの頃の 見上げては 頷いていた 三段跳びの 未来の空のことを。 僕は君は まだ 同じ道の上にいるのだから。 ===   【掲載 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly