川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

ふたりのセールスマンの間にあったものを。

投稿日:

日産とホンダへ(トヨタは消えた)。

自分も営業をずっとやってきた人間だから、営業マンの気持ちがよくわかる。
ディーラーで車を買うのではない、人から車を買いたい。

・お客様の自尊心をくすぐる会話が出来ているだろうか。
・押し売りにならず、他社の悪口を言わず、お客様に十分「所有すること」への
 夢を語って貰えているだろうか。
・疑問に対して、十分な商品知識をわかりやすい言葉で説明出来ているだろうか。

自分なら「こう説明する」「こうフォローする」「こうは言わない」という置き換えを
しながら、時々は、こちらから上手にセールスをしやすいように話を向けてあげて、
会話を楽しむ。

安くするから、いい営業マンなのではない。
安くしていくまでのプロセスと、安くなった結果に対して、いかにお客様に納得して
いただけるプレゼンテーションが出来たかどうか、を評価することにする。

結果。

ホンダのフィットで決まりかな、と。

車自体は、コストパフォーマンスを考えても申し分ない。
街のあちこちで見かける、という「個性のなさ」は唯一残念な点だけれど、それだけ
世の中に評価された車であるということだ。

営業マンは、自然な会話の中で、こちらとの接点を探そうとする。
接点を見つけては、安心して付き合えるパートナーであることを、自分という人間性を
アピールしながら近づいてくる。

こちらから、自然な笑顔が出るようになったら、もう、それだけで満足だ。

気持ちのいい対応に、決断しないほうが失礼なのかな、と思う。
よって、来週、契約する予定。 納車はどうやら、12月になってしまうみたいだけれど。

どんな仕事の人と関わっていても、それを「自分なら」と置き換えることで、学ぶ点が
たくさん見えてくる。「モノ」だけを見るのではなく、それに伴う人をしっかりと観察し、
また、付き合い方を考えることは、これから、自分がますます「サービス業としての」
意識を高めていくにあたって、必要な時間だろうと思う。

明日からの、また、僕のお客様たちへの対応に、今日と、これまでのことを。

活かして、ふくらませて。
もっともっと、気持ちのいいサービスをしていけるようになりたい。

まだまだ出来ることはきっとたくさんある、から、今は毎日が、本当に楽しい。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

朝はどんな風に針を進めてしまうのだろう

無情に進んでいく時間があって、悲哀を片付けていくのも時間なのだということを思うとき、いつもASKAさんの「朝をありがとう」という曲を思い出す。 時間の中で僕たちは生きていて、黙っていても時間はどんどん …

日焼けお化けが現れた。

高校時代、授業をさぼって昼寝した砂浜だよ。横になって寝たから、身体半分日焼けしたんだ。 寝相って大事だよ、ポニョ。

抗がん剤治療の先のクリスマスケーキ。

兄と呼ぶ、叔父を囲んで。 ずっと、明石に住んでいてくれたらいいのに。きっと、病気は、もっと良くなるよ。 抗がん剤治療を終えて、クリスマス。 「来年はサンタを頼むよ」 僕からのお願いに「わかった」と答え …

村上給食、揚げ物の謎。

この薄さ。 中身はハムでした。ハムて。

no image

犬たちの存在が僕の温度になっている ~好きを伝える、生かされているということ

言葉は便利だ。 「優柔不断」というネガティブな言葉は「慎重」というポジティブな表現に置き換えることができるし、「曖昧」という言葉は「臨機応変」という言葉に言い換えることができる。表現力は表裏一体。理論 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly