川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

腹を下すことなんて気にしなかった。

投稿日:


@中八木駅前

ポニョー。
僕の通った高校のある駅だよ。

3年間で、間違いなく100本以上はここのアイスを買ったんだ。

みんな友達、下痢も友達。
誰もが平和を愛した、昔の物語のことさ。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

32歳の青くさい経営を、後半戦もどうぞ。

あの人はこちらがするほどはメールを送ってきてはくれない、だからきっと自分のことを良く思っていないに違いないと、思い込んで、ふさぎ込んで、愚痴って、足踏みしている人を見かけたら、シンプルに  「じゃ、自 …

no image

失敗とチャンスは表裏一体 ~障害という個性に同情をしたのではないのだから

耳の聞こえない作曲家。その楽曲を実際に作っていた新垣氏が、一時は大学を辞めることになったものの、学生たちの署名活動により処分が保留になったというニュース。いい話。 ゴースト新垣氏 学生が退職反対署名活 …

no image

「よその会社と比べて、うちは」 – と、言わずに行う効果的な広告手法とは。

仕事の内容も活動範囲も、広がりを見せています。様々な方からお声をかけていただけるようになってきて、おかげさまで、充実した忙しい毎日を過ごしています。 なかでも、広告戦略についてのご相談は、今年特に力を …

明石城西8年ぶり勝利。

よく頑張りました、我が母校。

納品のそのときの、喜びの顔を楽しみに。

また、ご家族の一生の記念に残る本作りをお手伝いさせていただくことになりました。 自分史や記念史、句集や写真集など、「じぶん(たち)」を表現して残そうとされる方のお手伝いが出来るのって、感慨深い仕事なの …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly