川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】康孝の孝 父の名と母の詩と   ばた

投稿日:

父から一字貰った名前の僕に、母はピアノを与えてくれた。

脳の何処かなのか、心と呼ばれる何かなのかを、僕は知らない。
けれど、表現という泉のようなものは、間違いなくそんな二人から受け継がれ、
養われたものに違いないのだろうと思う。

 さて、父さん、僕はあなたの自慢になれましたか。

 ねえ、母さん、僕は今でも五線譜が大好きです。

生まれ変わる、いつか未来の。

僕はふたりの子どもでありたいし、やっぱり、同じように与えられ、同じように諭され、
同じように殴られ、そして、同じようにふたりを誇りに思いたい。

そんな約束、指切りをしておけば良かったね。

 そう、母さん、いくらでも好きな花を買えばいいよ。

 うん、父さん、近くにいてくれるから夢に見ないんだよね。

桜から夏を跳び越えて、もう、こんな季節・・・ はやいね、父さん。

 ※あの日から半年の想いを刻みたくて

===

  【掲載】康孝の孝 父の名と母の詩と

    ふあうすと2008年10月号
    明鏡府

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】星の降る今日はいい子にしていよう  ばた

いじめることは   ― 自分の心に棘を植えてしまうこと いじめられて希望を失うことは   ― 鈴の音に耳を塞いでしまう淋しいこと 空の広さと、星の瞬きは、君と彼とを区別はしない。 だから今日は、みんな …

no image

【川柳】父さんに似た人ですと言う正座   ばた

ぐぅ、そう言われてしまってのヘの字。 だって、あんなに小さかったのに。ずっと、こんなに大切にしてきたのに。 だめだなぁ男って、まるで、クイズに困ったような沈黙をして。 ===   【掲載】父さんに似た …

no image

【川柳】走り出す君を包める風になる   ばた

Youth どんな顔も土にまみれて 拳強く宙を突き刺すシャツの袖は肩に捲り上げて いつか聞いた愛の言葉も 進む道の地図に刻んで走り出した君を風が包んでいる So fly to there 海よりも広い …

no image

【川柳】腹痛め生んだ子供に胃を痛め   ばた

母は強し、されど弱し。 守るのか、守られるのか。いつの時代も、親は子を見つめ、子は親を労わるものなのです。 ===   【佳作】腹痛め生んだ子供に胃を痛め     月刊川柳マガジン2006年7月号   …

no image

父と透析と阪神淡路大震災と ~透析のかゆみ川柳一次選考通過

生前の父は、一週間のうちに3日は病院に通って数時間の透析を必要とした。阪神淡路大震災のときは明石から花隈の病院へ通うことができなくなって、受け入れてくれる病院を必死に探したことを覚えている。限られた機 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly