川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】康孝の孝 父の名と母の詩と   ばた

投稿日:

父から一字貰った名前の僕に、母はピアノを与えてくれた。

脳の何処かなのか、心と呼ばれる何かなのかを、僕は知らない。
けれど、表現という泉のようなものは、間違いなくそんな二人から受け継がれ、
養われたものに違いないのだろうと思う。

 さて、父さん、僕はあなたの自慢になれましたか。

 ねえ、母さん、僕は今でも五線譜が大好きです。

生まれ変わる、いつか未来の。

僕はふたりの子どもでありたいし、やっぱり、同じように与えられ、同じように諭され、
同じように殴られ、そして、同じようにふたりを誇りに思いたい。

そんな約束、指切りをしておけば良かったね。

 そう、母さん、いくらでも好きな花を買えばいいよ。

 うん、父さん、近くにいてくれるから夢に見ないんだよね。

桜から夏を跳び越えて、もう、こんな季節・・・ はやいね、父さん。

 ※あの日から半年の想いを刻みたくて

===

  【掲載】康孝の孝 父の名と母の詩と

    ふあうすと2008年10月号
    明鏡府

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】わがままを聞いてあげよう夏至の空

空が高くなっていくと、背伸びが気持ちいい。許すような気持ちで、誰かに微笑みかけたくなる。みんなみんなが、優しさを空に向けて、立ち直っていく毎日を共有出来るといいですね、と、三ヶ月が過ぎて 前川企画印刷 …

no image

【川柳】鯉泳ぐ青 信じてる祈ってる

頑張って欲しくても、頑張れという言葉は、きっとまだ重たい。信じて祈るしかなくても、信じて祈るだけの無力に、空しさを覚えることもある。ただ、その気持ちの積み重ねが「自分たちにできること」という意識や行動 …

no image

【川柳】別離から三日 玉子を割っている   ばた

ふっきれたのか。涙を流すための、「生」をいただいているのか。 肩を落とす淋しさも、生きているからこそで。 ===   【佳作】別離から三日 玉子を割っている     月刊川柳マガジン2007年11月号 …

no image

【川柳】タッパーの音 故郷は秋祭り   ばた

そこに置いてきたものがあります。 そこに飛ばしているものがあります。そこから飛んでくるものがあります。 僕は その線の温もりを 時々は思い出して 嬉しいような、罪悪感のような複雑な気持ちを抱きながら …

no image

【川柳】川柳の文字の向こうに人がいる   ばた

今の会社に移ってから、川柳を書いてみるようになった。 ある月刊川柳誌の編集・印刷を請け負っていて、毎月、何百・何千という数の川柳を入力し、編集する。これはもう完全に肉体労働と言えるもので、指の筋を痛め …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly