川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

読書

闇の子供たち ― 梁石日著

投稿日:

【闇の子供たち(梁石日著)】、読破。

夕方から読み始めて、その間、携帯もシャットアウトしてずっと読みふけってしまった。

幼児売買、幼児売春、臓器売買、に、ついての生々しい表現の数々。
後味の悪い結末。

生半可な正義感では読めない。むしろ、自分の中の悪魔を自覚してしまうかも。

あくまでも、フィクション。
でも、多分。

救いのない「現実」をつきつけられた。

悲しいかな僕らは、貧困であるものを眺めることで、自分たちの豊かさを実現して
いるのかもしれない。

憎むべきは何だ。

Google

Google

-読書

執筆者:


関連記事

福島第一原子力発電所で働く人たち「いちえふ」を読んだ/「書き出す」作業の効用について

東日本大震災後の福島第一原子力発電所で働く人たちの様子を伝える漫画いちえふ福島第一原子力発電所労働記(1)を読んだ。 何が正しくて誤っているのかはわからない。ただ、情報を鵜呑みにして組み合わされたパズ …

天空の蜂 ― 刺されて分かる痛み。

東野圭吾さん『天空の蜂』読了。 天空の蜂講談社この本の詳細を見る 原発について、色々と考えさせらる本。 仕組み、その必要性、安全性など、技術的な意味合いにおいても勉強になる本であった。 ただ、技術的な …

no image

私が彼を殺した ― 奪われたくなかった命がけの。

私が彼を殺した(東野圭吾さん)、読了。 私が彼を殺した著者: 東野圭吾 出版社: 講談社 サイズ: 文庫 ページ数: 431, 発行年月: 2002年03月 本体価格 695円 (税込 729 円) …

no image

名探偵の掟 ― くだらない天才に出会った。

東野圭吾さん、「名探偵の掟」読了。 名探偵の掟 講談社文庫 著者:東野圭吾 出版社:講談社 サイズ:文庫/348p発行年月:1999年07月完全密室、時刻表トリック、バラバラ死体に童謡殺人。フーダニッ …

探偵ガリレオ ― 不思議と理屈と。

東野圭吾さんの『探偵ガリレオ』、読了。 探偵ガリレオ文藝春秋この本の詳細を見る でんじろう先生を思い浮かべながら読むと、より親近感がわく。 科学のことはよくわからないが、難しくなりすぎないところで主人 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly