川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

こんなはずではなかった。

投稿日:


明石のハニカミ王子、絶不調。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

飲み過ぎた…。

最近焼酎にはまっています。(お金が続かない…)

no image

壊れたように泣いた、何故。

分かれ道があって、二択。 選んだ先に宝箱があれば、正解なのだろう。けど、選ばなかった先の景色は、ずっと後ろ髪に結ばれてしまう。 恐れるよりも、行き止まりなら行き止まりを知りに行こうとする勇気を認めたい …

癒しがお仕事。

わが家のマスコット。

no image

心のボール  ― 空高く。

誰かの憂いに 祈ることしか出来ない 無力も いつもほら 人はほら未来に生きてる 今日を越える あしたは すべてが杞憂だったと 笑うそんな時間でありますように

no image

魚屋さんの名刺に2桁のかけ算が書いてあるのは何故だ。

「会話の生まれる名刺を作りましょー!」 前川企画印刷のスタッフがお客様に名刺をご提案させていただくときは、いつもこのフレーズからスタートして、コピーやデザインを制作いたします。 よく勘違いしてしまうの …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly