川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

死んでいなければ、生きていれば。

投稿日:

@水曜日

「生意気な奴め、ツラ貸せやコラ」、と言われたかどうかはともかく。

全兵庫経営研究集会で知り合った、東播支部のE社長から食事のお誘いをいただきました。
明石の駅前の居酒屋と、とても雰囲気の良いバーで、充実したひととき。

 51:49でも、お客様が選べば100になる。
 あと1、2を上積みするために、何をすべきか、どう表現すべきか・・・。

 発想を具現化するまでの実践方法とは。

などなど、問題提起をしながら、あーでもない・こーでもないと、「あしたからの」実践に
ついて、熱く語らいました。

愚痴をこぼすだけになりがちな「酒の席」ではありますが、こうやってしっかりと問題提起を
することの出来る方との時間は、いい刺激になります。早速自分も応用させてもらいたいと
思います。ありがとうございました。

経営者の集まる同友会って、「年齢に関係なく、フラットでいいよ~」というのが売りのはず
なんですが、時々やっぱり、どうしても(それは上からからだなぁ・・・)と内心思ってしまう
ような方もいらっしゃいます。疲れます。少なくとも自分にはノーサンキューです。

だから、Eさんのように同じ高さで語ってくださる方との時間は、勢い、自分が話している
時間も長くなるので、語らいながら、自らの考え方を整理するいい時間になるんですね。

経験的にも、老若男女問わず、驕らず、相手と同じ目線で話の出来る人の会社はいい方向に
成長していることが多いように思うので、自分がこれから歳をとり、経営者として経験を
重ねたとしても、「謙虚な姿勢」は決して失ってはならないと改めて思いました。

語るのは簡単、書くのも簡単。

大切なことは、それを浸透させること。

自分はこうして、blogやMLといったメディアを通じて「成文化」をすることで自分の退路を
断ちながら、覚悟ある経営に臨んでいきたいと思います。

@木曜日

一転して、今日は、プライベートのとある事情で重たい日。

ひとが死ぬということは、なにかを残すということであり、それは「教え」や「思い出」
といった温かい響きを持つ場合もあれば、「財産」や「恨み」といった、負の感情を抱きがちな
言葉に代表されるようなものになる場合もあるわけです。

そして、法治国家である日本の場合は、必然に、裁判所だとか何だとかいった機関で、権利
関係を争ったりする可能性もあるわけで・・・(まわりくどい表現でごめんなさい)。

ま、ともかく。

自分は、こういう人間にはならんぞ。
寂しい人間になってたまるものか。

そういうことを考えた一日になったわけです(という強引なまとめ)。

役所、戸籍謄本の父の名前には×印が入っていて。

突きつけてくれなくてもいいのに。
わかってるのに。

でも、わかりたくないのに。

声を出して仏壇に。

「もういちど、、、」で、始まる涙声。

情けなく疲れた顔の一日で、ゴメンナサイ。  あしたから。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

「偉そうですね」と「偉いですね」の間にあるもの。

「ほうれんそう」を求めることが上司の仕事だと思っていれば驕りなんじゃないかな。 ほうれんそうをしやすい雰囲気を作ってあげること。強制されるのではなく、自発的に出来るような環境、タイミングを作ってあげる …

村上給食、揚げ物の謎。

この薄さ。 中身はハムでした。ハムて。

父親の容体。

呼吸困難から回復、父親。 昼から見舞いに行ってきます。→神大付属病院 今は、久々に六甲アイランドに来ています。

病み上がりにしてはいけないこと。

床で朝まで寝ちゃうこと。 よーつーけーほー。

昼から始動。

福袋って楽しいですよね@ポルトバザール

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly