川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】チョキを出す僕に優しいパーのある   ばた

投稿日:

僕のチョキはいつだって無敵だった。

さいごのひとつ、を、そして僕は。
得意な顔をして、美味しそうに頬張ったものだった。

かならず、いつも、僕のチョキに。

とても悔しそうに負けてくれたこと。

いまとなっては。

今日も変わらずに、僕は得意にチョキのまま。

もう、すっかり、弱くなってしまった僕のチョキだけれど。

===

  【掲載】チョキを出す僕に優しいパーのある

    ふあうすと2008年12月号
    明鏡府

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】北風の壁になれない微力たち

東北に吹く風の冷たさを想う、何も出来ない無力を憂う、何かしたがる心が集う、気持ちは温度になって現れるのだと願う。 出来ることを問われ続けた時間だった。出来ることを考え続けなければいけないこれからになっ …

no image

【川柳】走り出す君を包める風になる   ばた

Youth どんな顔も土にまみれて 拳強く宙を突き刺すシャツの袖は肩に捲り上げて いつか聞いた愛の言葉も 進む道の地図に刻んで走り出した君を風が包んでいる So fly to there 海よりも広い …

no image

【川柳】もう塾へ 一番星を見ないまま   ばた

 もういいかい まあだだよ もういいかい まあだだよ そうして かくれんぼの鬼は何処かへ 隠れる場所のどれだけあった昔のことだろうやらなければならないことのなんて多くある 夜の長さだろう  もういいか …

no image

【川柳】君と来た場所で瞼を閉じている   ばた

あの日の風の匂いだとか。 あの時の空の色だとか。 指で弾いた程度の「しびれ」が残っている心の場所があります。 「点」であるはずの情景は、いつまでも輝きを失わず、温もりを失わず。 ずっとずっと、その場所 …

no image

【川柳】花よ花忘れさせてはくれないか   ばた

絵の具にないその色の、優しさの。包まれて、誘われて。 ひとときでもいい。 どうか、この疲れから、悲しみから。僕を解き放ってはくれないだろうか。 花よ花、花よ花。 ===   【入選】花よ花忘れさせては …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly