川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

具体的に、どう浸透させるのかという方法論。

投稿日:

微熱、咳、声もすっかり嗄れてしまった。

たまっていた伝票を処理して、机の上はスッキリ。
事務所での作業を終えて、ハーバーランド産業振興センターへ。

今日の勉強会のテーマは【KKD経営から科学的経営へ】。

勘・感性・度胸による経営から、KKS(科学・経験・思想)経営へと向かっていきましょう
という趣旨の話だった。

自分たちのテーブルのグループ討論で出た結論は次の通り。

ぶれてばかりの経営も駄目。科学ばかりで人が疲弊する経営も駄目。
バランスの取れた経営センスを大切にしていきしょう

まぁ、無難だよね。

確かに、精神論ばっかりでもどうかと。
けど、理論的ばかりでも、「どうやったら社員やお客様がついてくるのだろう?」という
率直な疑問を覚えてしまう。

理論的な経営をされている会社の「従業員」の方のお話を、是非聞いてみたい。

「どう感じ取られて、どう実践されていますか?」

この問いかけに、どんな答えを返してくれるだろう?
それが、僕らの一番知りたい答えなのではないだろうか。

自分は、想いが「固定化」してしまうことを恐れて、こうしてblogで綴ることを「成文化」と
称している。お客様にも社員である仲間にも、そして自分自身への戒めともなるこの
手段だって、経営者として覚悟を決めているからこそ出来ることだ。

高級車になんか乗りたくない。

ずっと、面白い商品やサービスを考え続けていきたい。
それを楽しいと思ってくれる仲間と一緒に仕事がしたい。
それに価値を見出してくれるお客様を、ひとりでも多く見つけたい。

ただ、それを繰り返していきたいだけ。

ひとが疲弊するような商売のやり方だけは、絶対にやりたくないと心に決めている。

会社を守っていくために、僕は全力で。
10を15に20にしていきます。

10のうちの3を、だとかっていう考え方は、どうしてもサービス業という呼ばれ方に
こだわりをもつ自分にとって「お客様を差別」しているような気がして、好きに
なれません。

差別じゃないよ、区別だよ。

と、言われたとしても。

それが、僕の商売人としてのポリシーなのであります。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

あまりにジュニアが歩いてくれないので。

鯉に餌をやっています。 不気味なくらい集まってきます。

食わねば。

no image

山陽電鉄明石駅に、もしも「明石音頭」な駅メロがあったなら。

拝啓 山陽電鉄明石駅駅長 さま 今は明石を離れてしまった友人たちと、故郷を語り合うときに。 明石駅構内の山陽そばや、たいやき店。もっとさかのぼると、パルナスのお店なんかが話題に出て来たりするのです。 …

月は覗いて雨はグラスに、ビアガーデンに行ってきた!

ビアガーデンに誘っていただきました。 「おっちゃんたちが阪神戦を眺めながらビールを飲むところ」という子どもの頃のイメージがすっかり覆されるほど、若者たちで賑わっていました。開放的な雰囲気で幸せそうに飲 …

no image

痛めたのは胸じゃないんだ。

季節性インフルエンザ、新型インフルエンザ、ノロウイルス。 流行を追いかけ続ける男の最終章(になるといいな)。ただいま、胃腸炎で苦しんでいます。毎年恒例の扁桃炎ほどの高熱になるわけではないですが、とにか …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly