川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

まっ赤な牛肉、あは、あは、あは、あは。

投稿日:

弟と弟の彼女(婚約者)、母親を自宅に呼んですき焼きの集い。

急きょすることになったので、慌てて家の掃除をしていたら、埃で鼻がぐずぐずし始めた。
ぐずぐずにイライラして、食事中に何度も鼻をいじってたら、鼻血が出た。

紅に染まる牛肉。

あは。

今日、ここまで片付けておいたら、年末の大掃除は、それなりに頑張れば何とかなるかも、
というレベルまでは掃除することが出来た。

確実なのは、2週間後くらいにまた、家に人を呼ぶことかもしれない。

定期的に人を呼ばねば、この家はジャングルになります。

あは。

自動車保険の、車両入れ替えの手続き完了。

事故にも盗難にもばっちり対応可能な保険内容にしておきました。
中途半端に事故るくらいなら、潔く盗まれることを祈ろう。

今度(こそ)は、マメに掃除もしたいよねー。

「洗車機って、擦り傷みたいなのが付いちゃいますよー」

「そうなんですかー!?!?」

という会話から8年。

結局、今のキューブ君は、洗車を5回くらいしかしてやれなかった。
8年で5回(多分、以下)。

あは。

来週の大会に向けて、川柳創作モード。

10句のうち、4句程度は考えることが出来た。
これから、夜中の時間帯、もう少し詩人になってみるつもり。

言葉に向き合う詩人は、半袖に裸足、なのに床暖房という矛盾。

あは。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

プリンどら。

上板限定だそうです。いただきます。

プロメナ神戸。

ちょっと人がすくなくて、これは、やばいこと。(ちょうどよくて、ここちよい、こと、のコピーを皮肉って。)

no image

相手を敬う気持ちを忘れた批判はただの悪口

批判が人を育てるということはある。それでも、その批判は限度や節度、礼儀のあるものでなければならない。相手を敬う気持ちを忘れた批判はただの悪口。悪口は彼を彼女を追い詰め命を奪ってしまう可能性すらある。僕 …

家のすぐ裏は山。

鹿だの猿だの出るそうです。

ワインなんかもいただきつつ。

周辺を散策して、今から夕食。 久々にのんびり過ごさせてもらっています。今夜は好きな句集を読みながら過ごします。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly