川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

東須磨駅前、万平太さん。

投稿日:


美味しい食事とお酒をいただきました。
家族的雰囲気のお客さん、何度でも通いたくなる優しさがあります。

今日は来年の役員を決める選考委員会。

商売やビジネスを語るのではなく、ひとを巻き込んでいくこと。
それを実践出来る方々を選ぶことが出来たと思います。

力いっぱい、頑張ってまいります。

※万平太さん、早速の印刷のご相談ありがとうございました。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

吉野川SA美濃田の湯。

四国の旅、吉野川SAはオススメ。 遊覧船に乗ったり温泉に浸かれたり…今回、遊覧船は乗りませんでしたが、温泉で疲れを癒しました。 ビジネスホテルの宿泊で風呂にゆっくり入れなかったし、今日は天守閣や 鍾乳 …

no image

真夜中に揺れた電話、病状の悪化。

叔父は叔父という響きよりももっとそばにある、「兄」という存在。静岡という土地にいても、家族という温度の距離にいます。 自分の人生のすべてを、両親への看病と介護にあて、ようやく解放された頃に今度は、自分 …

明日幸せになれる魔法の写真。

松山千春さんのコンサート帰り。勇気と元気をもらって、そして、早速すてきな出合いがありました。 ありがと、阪急電車。

no image

会話の主導権、相手の心に先回りして触れるということ

「春は花」「春の花」「春も花」。春は、春の、と書いたとき、読み手に浮かぶ季節は春のみですが、「春も」と書いたときは、春以外の季節も並列してしまいますね。桜や梅を思い浮かべる「春は花」という表現に比べて …

no image

セミナーという言葉が麻薬になって、価値を下げている。

セミナーには受動型、能動(参加)型の2種類がある。 参加型セミナーの価値を計るには、講師の質問力を見ることも一つ。うちのメンバーがセミナーに参加したときには必ず「どんな質問をされた?していた?」と聞く …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly