川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

10代の若者たちから、さて、何を貰ってきましょうか。

投稿日:

思い立って、午後から倉敷チボリ公園へ。

昔、よく連れられていったような、遊園地の面影を残した場所。
ぐるり歩いて、歓声あげて。

いいストレス解消になりました。

日曜日は「10代のためのボランティア講座@大阪服部緑地」に参加してきます。

いろいろ仕事講座、ということで、「仕事ってこんなものだよー」ということを、
若者たちと語り合うことになるんだそうです。

若い人たちのエネルギーに触れて、いい刺激を貰ってこれますように。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

神戸の印刷会社が新たに採り入れた、職場環境を改善するための委員会制度・・・とは。

前川企画印刷の新しい期が始まりました。 ここからの一年、そして2011年の下半期、色々な目標がありますが、あまりにも乱雑すぎる社内を綺麗に保持しておきたいっ! ・・・ということで。 shigepyoを …

治乱武家屋敷庭園。

お腹がすいてきました。

no image

ピアノがあるということ、空気を入れ替えるということ

感情や人付き合いには総量があるのではないかということを以前書いた。 「総量」というのは感覚的なもので、僕はこれをよく、ベンチに例えて表現する。座ることのできる人の数は一定で、誰かが席を立てば、必ずまた …

刀削麺。

一度来てみたかったのでした。

no image

僕だって感情の生き物だ

明石の街中に響き渡るくらい、叫びましたよ。大人気ないと思いつつ、守りたいものを傷付けられて、それでも冷静ではいられなくて。大喧嘩。訣別の夜。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly