川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

西神南で見つけた、とってもダサイ靴を売るお店。

投稿日:

寝正月2009、ゴロゴロしながらテレビを観たり本を読んだり。

手形法や小切手法に関する勉強をしています。
実務でわかった気になっていても、知識武装が甘ければ、いくらでも騙したり騙されたりの
有り得る世界。一年の始めに、気合い入れて頑張ってます。

夕方は実家でスキヤキ、それから、カラオケ。

3時間歌いまくってきました。
歌うの大好き、常に一本のマイクを握り続けて、誰かの番でも一緒に歌っています。

知らない曲でも、1番で覚えて、2番から参加。

このチャレンジスピリッツが素晴らしい(自画自賛)。
元日から、弟とホットに熱唱してまいりました。

「フェラーリが空き家に衝突(1月1日付け神戸新聞社会欄)」

マスコミの仕事は、事実を伝えること。

必要以上に「格差社会だ」「不況だ」なんて主観を交えて伝えるものだから、事実が
事実以上の印象をもって聞こえてきてしまうのではないかと思います。

はたして、事故のニュースを伝えるのに、車種まで記述する必要があったのか?

同じ紙面では、不況そのものを伝える内容と、不況が原因と思われる事件について、並べて
構成されていました。

読み手に、どんな連想やどんな会話を期待したのか、聞いてみたいものです。

@西神南駅前の某ホームセンター。

試し履きの可能な靴のPOPの表示の仕方。
これは絶対、担当者の「故意犯」ですよねー。

「ださい!」

微笑ましくて、95点。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

「かつて」は優しくて、いつも帰りたくなる景色だなぁと思う ~波の音とひぐらしの鳴き声と

僕は昔から、自然音が大好きだった。夕暮れのテトラポッドに横になって、打ち寄せる波の音に耳を澄ます。うとうとしてふと気が付くと、一面に星が広がってその日のカタチをした月が挨拶をしてくれる。夜は静かに丸い …

芸術に目覚めた追突事故。

天才画伯ばた。 本日は自民党新総裁阿部さんです。うますぎ。

no image

怒られ役だとか、ムードメーカーだとか ~光は影に、影は光によって成り立つ

「あいつアホやなぁ」と「あいつアホをやってくれてるんやなぁ」の間にあるもの。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年4月11日 怒られ役だとかムードメーカーだとか。いろ …

今日は大阪府堺市まで。

チンチン電車が走り抜ける町。 一年ぶりに会うお客さんの所に向かっています(少し迷いつつ)。

no image

不況という言葉の響きの中で / 5年目のスタート。

社長になって4期目を終了。数字という結果だけを見た場合は、過去最高の一年になりました。 100年に1度の不況という言葉を言い訳にする人や会社が多かったことは、うちのような小さな(そして若い人間ばかりの …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly