川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

西神南で見つけた、とってもダサイ靴を売るお店。

投稿日:

寝正月2009、ゴロゴロしながらテレビを観たり本を読んだり。

手形法や小切手法に関する勉強をしています。
実務でわかった気になっていても、知識武装が甘ければ、いくらでも騙したり騙されたりの
有り得る世界。一年の始めに、気合い入れて頑張ってます。

夕方は実家でスキヤキ、それから、カラオケ。

3時間歌いまくってきました。
歌うの大好き、常に一本のマイクを握り続けて、誰かの番でも一緒に歌っています。

知らない曲でも、1番で覚えて、2番から参加。

このチャレンジスピリッツが素晴らしい(自画自賛)。
元日から、弟とホットに熱唱してまいりました。

「フェラーリが空き家に衝突(1月1日付け神戸新聞社会欄)」

マスコミの仕事は、事実を伝えること。

必要以上に「格差社会だ」「不況だ」なんて主観を交えて伝えるものだから、事実が
事実以上の印象をもって聞こえてきてしまうのではないかと思います。

はたして、事故のニュースを伝えるのに、車種まで記述する必要があったのか?

同じ紙面では、不況そのものを伝える内容と、不況が原因と思われる事件について、並べて
構成されていました。

読み手に、どんな連想やどんな会話を期待したのか、聞いてみたいものです。

@西神南駅前の某ホームセンター。

試し履きの可能な靴のPOPの表示の仕方。
これは絶対、担当者の「故意犯」ですよねー。

「ださい!」

微笑ましくて、95点。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

震災の映像のどこかで、父は、ひととして在り続ける。

あの「阪神・淡路大震災」で本当は一体何が起きていたのか、その真実がよくわかるムービー集 – GIGAZINE 毎年、一番の泣き虫になってしまう日がやってきた。 今年は上のサイトの映像を眺め …

感激の帰路。

コンサート終了。 今日も感動しました。

柿本神社の八房梅 ~開花するのに必要な寒さ体験

取材や撮影、書く仕事のときに助手の方がいたら助かるのになぁと思う場面がある。「没頭する環境を作っていきたいんですよね」とベテランライターさんに話すと「そう思う時期もあったけど、そう思う時期に強くなれた …

鬼の高鼾。

あっついわー。

川柳締切直前。

今月はまだ出来ません。締切は明日の消印有効。 絶望的…。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly