川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

中国語学科を卒業してからの憂鬱。

投稿日:

毎年この時期は、某大学さんの冊子制作で忙しくなります。

今年の担当は19歳の男の子。
自分と同じ中国語学科ですが、テキストを見せてもらうと、1回生なのにやたらと
内容が難しい。

「こ、これ、何て読むの? どういう意味? えへ?」

えへ、とか言ってみたところで、19歳からすれば、32歳はお兄さんでも何でも
ないそうです。ぎゃふん。

自分が同じ大学生だった頃は、

 ・ご飯おかわり自由のお店で何杯食べられるか
 ・100円マックのハンバーガーをいくつ食べられるか
 ・食べ放題の焼肉を、何枚も積み重ねて蒸し焼きにして食べてみよう

そんな青春時代を過ごしたものでしたが。
飽食の時代は終わったのか(違)。

春休みの間に、一緒に食事でも行こうかという話をして、メールアドレスの交換を
しました。そうそう、前年の担当のTさんも、是非誘わなくては。

若い人たちから、エキスエネルギーを貰って、頑張っていきたいと思います。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

想像して、創造して、許容して、共有して。

気配りとは想像力で、想像の力が新しいお客さんとの出逢いを創造するのだと信じてる。 打ち合わせ中、先方の社長が社員さんを呼んできて一緒に考えようとしてくれる。Weになれたなって感じる瞬間が、提案の仕事を …

no image

同じ複数形で、限りない未来を。

明石公園の眩しい光の中にいて。去年の今頃に亡くした、愛犬のことを思い出しました。 空の青さは、大きく開いた窓のようで。 見上げると、そこから顔を覗かせてくれているんじゃないかと、そんな優しさに包まれま …

この帽子をかぶって。

寒空に2時間ご案内係。今日は冷えすぎる川柳の予感です。 ふれあいの祭典@明石市民会館

父と一緒に撮影した最後の写真

父は365日店を開けていた人なので、僕の記憶には「一緒に遠くへ出かけた」というようなものがほとんど残っていない。 貴重な思い出の一つが、大学の入学式のとき。父と母は店を休んで京都までやってきてくれて、 …

合格証書、届く。

FP技能検定3級。かえって難しいだろうと言うくらい、午前も午後も合格最低点。 でも、合格は合格なのです。嬉。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly