川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】有り難い場所に鏡を置いておく   ばた

投稿日:

今日も新しいお仕事のご相談、そして、新しい出会いもありました。

忙しいときに何かを頼まれると、つい(しんどいなぁ)と思ってしまいがち。
だから、出来るだけいつも、「有り難いなぁ」という言葉を、ひとりごとのように
声に出すことにしています。

ニュースをみれば、重たくなるような悪いニュースばかり。

そんな時代において、新しい風を吹き込んで下さる方々の存在は、ほんとうに
有り難いものです。目先の利益云々ではなく、ずっとお付き合いしていく「線」の
なかで、お互いが幸せになれるような、そんな仕事に取り組みたいもの。

不細工、ではありますが、ちゃんと笑顔を保つことが出来ているかどうか。

お客さんのところに出向く前に、いつも鏡で表情を確かめています。
今日の一生懸命は、さていったい、どんな花を咲かせてくれるのでしょうか。

お客様と向き合うときの信念は、昔も今も、一度もぶれたことはありません。

 有り難い場所に鏡を置いておく   ばた

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】もう塾へ 一番星を見ないまま   ばた

 もういいかい まあだだよ もういいかい まあだだよ そうして かくれんぼの鬼は何処かへ 隠れる場所のどれだけあった昔のことだろうやらなければならないことのなんて多くある 夜の長さだろう  もういいか …

no image

[川柳] 耳たぶに風 幸せの顔をして

 ほんの小さな、ささやかな喜びを憶えていられるほうが、その人生は幸せに違いない。日常のなかに重なるそれらを綴るのに、この川柳という手段があって、今年はどれだけの幸を17文字に閉じ込めることが出来ただろ …

no image

【川柳】夕立にもたれて過去の色になる

焦げたアスファルトが濡れていき、ネクタイたちは束の間の雨宿り。やれやれと安堵の顔で、空を見上げてはまた、積み残したいくつかにラストスパート。夏の終わりの繰り返されるこの景色に、どこか懐かしさを覚えて優 …

no image

明石海苔の鍵庄さんで今年も川柳コンテストの審査員をやらせていただくので、みんな応募しちゃってください

意外に知られていないのが海苔の養殖量、兵庫県は佐賀県に次いで2位であるという事実。全国のおよそ2割程度が兵庫県で養殖されたものだ(農林水産省の漁業養殖量統計調査より)。 明石の海苔はうまい。そして明石 …

no image

【川柳】非通知を妄想してる秋の空   ばた

着信有り、非通知。 非通知の向こう側を想像して、非通知のこれから先のドラマを期待して。 秋はそう、物思いにさせる季節。 夏のような熱き日々があればこそ。あったからこそ。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)