川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

雪の朝、心はカラになる。

投稿日:

雪ぢゃー。

フィットにも屋上にも雪、雪!

明石では、積もるどころか、雪が降ることさえ滅多にないので、うっすらと白の世界が
広がるだけでも感激してしまいます。

これで降り出したら「遭難するー」なんて言って騒いでみたりしてね。

高校のときの信州への修学旅行では、女子の露天風呂めがけて、男子側風呂から、
怒濤の雪の投げ込み作戦を決行してみたりしたものです。

「あんたのきゃっきゃと嬉しそうな声が、一番よー聞こえてたわ」

そりゃ、もてるわけないわな。

久々の劇団四季。

んー。
演出に凭れすぎてる感じがして、正直に本音を言うと、いまいちでした。

チケットもずいぶん売れ残っているようで、繰り返し観に来るお客さんが少ない模様。

昔観た「美女と野獣」はもっと感動出来たのだけれど、物語自体の違いのせいかなぁ。
怪人の切なさを際立たせるには、全体に、もっと妬みや苦悩があっても良さそうな気が
しましたが、限られた時間の中では、その表現も難しいか。

お芝居は昔から大好き。
機会があればまた、近いうちに、今度は息遣いを感じられるような、小さな劇場のものを
観に行ってみたいものです。

週末の間にも、また、色々と新しい相談を寄せていただきました。
制作の仕事がかなり詰まってきてはいますが、やるべきことを前倒しして、時間を
稼いでいきます。

新しい出会いに感謝、今週も、妥協のない姿勢で、ご納得いただけるサービスを提供
してまいります。 よろしくおねがいいたします!

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

ほぼ日手帳の秘密。

買いました。 所有してるだけで嬉しくなる本ってのも珍しい。実際に手帳を使っている人の記入例が、たくさんの写真を使って紹介されているのがいいですね。 ナポレオンズの「ほぼ日手帳マジックの秘密」には、正直 …

恥と汗をかいて、成長する ― 表現力の向上を目指して。

女性4名、男性3名、合計7名での勉強会、無事終了しました。 ひとり一冊ずつ、思い入れのある本について語っていただきました。 そこには、信念や感動があり、話の内容は次第に自身の人生へとシフトしていきます …

no image

ジャージの似合うおっさんでありたい(31歳)。

特殊な相談が2件。 ひとつは、それが合法なのか否か。もうひとつは、同じような相談で、完全にアウトだった(笑) 何か困ったときに思い出して貰えるは、素直に嬉しい。 教科書では学べなかった、生きていくため …

生まれて初めてのエレベーター。

シンドラーさんの奴です。 ドキドキしちゃうなぁ。 @神戸駅前ハローワーク

no image

強くなるために、僕は走るんだ。

10月下旬+夜中+半袖+ジョギング=鼻水×鼻水。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly