川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

重ね着をしてきたこれまでを、脱いでしまわないように。

投稿日:

咳と鼻水の一日。

ただ、ずっと続いていた胃のむかつきや、身体の重たさからは解放された。
インフルエンザと風邪のメドレーも、ようやく終焉の時がやってきたらしい。

早起きして、実家の犬たちに遊んで貰って気持ちも晴れた。

身体の具合が悪いと、心も引き摺られる。
ネガティブな思考に区切りをつけてくれるのは、いつも犬たちの優しさだ。

天災や鳥インフルエンザなどが起こっても対応出来れば、という気持ちもあって、
自分も含めてメンバーは全員、「納品」以外の作業を、全て自宅で行えるような
環境を整えてある。

勿論これは、忙しい時期に、自宅でリフレッシュしながら作業してもらうという
狙いもあってのこと。

ただ、こういう「インフラ」に乗っかりすぎて、お客様との付き合いが希薄に
ならないよう、特に去年からは「電話して!」「訪問して!」という呼びかけを
意識して行うようにしている。

順調に事が運ぶときほど、ポケットに穴は空いてしまうものだ。

ひとつひとつ、これまで自分たちが積み上げてきたものを、簡単に壊してしまう
ことのないような意識を持ち続けたい。

3月は納品ラッシュ。
1月2月に忙しかったのは、それに伴う制作業務が連続していたため。

並行して「積み残し」を片づけていきたい。

ただ、制作するだけでない。 ただ、印刷するだけでない。

自分たちの培った、マーケティングの知識と技術を提案しながら、お客様との
距離を温めあえる、そんな季節にしていこう。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

猛暑日のおんぶ、川沿いの鮎、夏の思い出、意地悪な太陽

「平均気温だけを見ると8月よりも7月の方が高いんですよ。お盆が過ぎたら秋の気配です」と書こうとして調べていたら、全然そんなことはなかった。8月が最強だった。 兵庫県 神戸の気温、降水量、観測所情報 嘘 …

no image

永遠の0(ゼロ) / 百田尚樹著、読了。

ワールドカップで、日本という国が一つになった時だから。 暑い夏を迎える、いま、この時だから。 たくさんの火とに読んで欲しい本だと思った、涙をこぼしながら。 海に散った、サムライたちの物語。 海から帰っ …

神戸の前川企画印刷。

 

no image

「若いなぁ」を声に出して相手を否定する人は。

▼Facebookはtwitterと違って、クローズな存在であり、リアルを補完するためのものであると考えています。様々な方からの友だち紹介や承認依頼等をいただきますが、むやみやたらな友人申請は、近い距 …

語らいの空間。

元気にしてくれる言葉の中で。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly