川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

実家の犬たちに触れると。

投稿日:2004年3月19日 更新日:

悲しいことに、身体がかゆくなる。

すぐ近所に住んでいるとはいえ、犬たちに
対する免疫が衰えてしまったのか。

とっても切ない。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

笑われると笑わせるの違いとは 〜自分と異なることは悪ではなく個性

プライドのないような振りをして生きていることも、また、その人が命とプライドを守るために選んだことなのだから、やっぱり僕たちは、人のなにかを簡単に笑ったり批判したりしてはいけないと思うのです。 笑われる …

言葉たちのリアル、言葉たちの想像。

文芸の世界にも写実主義とロマン主義とがあって、虚構であってはならないという意見と表現のなかで想像は自由であるという意見が対立する場面をよく見かける。どうであれ、読み手の想像力に委ねることに変わりはなく …

来年のカレンダーに行く前に。

どうやら、やらなくちやいけないことがあるらしい。

no image

青き空、清き一票。

「お客様、いらっしゃいませ。本日は洋服をお探しですか? そちら、とても人気の商品でございます。そちらを選んでいただきますと、間違いなく、人生が変わります。是非身近なお友だちにも伝えてあげてください。そ …

no image

手術直後、待合室で白くなった。

2時間で終わるはずの手術。 4時間半の闘い。 父の心臓は、血管は、想像以上に弱っていて、手術は不完全な結果に終わってしまった。 予後は不良であることを医者に告げられた。 16年以上の人工透析患者。その …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly