川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

瞼も重くなる、春の陽気と川柳と。

投稿日:

4月中旬までに書き上げなければいけない川柳が31句。

ようやくとりあえず、数は合わせられるところまでは来たかなーと思っていたら、
全日本大会の締切も同じ時期だということを忘れていました。涙。

あと、8句。 出来るのかな。

毎日が8月31日です。

川柳はやっぱり秋の大会が多いので、そこから逆算すると、締切はどうしても
この時期に集中してしまいがちなのであります。難産ー。

今日はやたらと眠たい日。

いつもより、早めに寝ることにしたいと思います。
春眠暁を覚えず。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

優先順位があってこその「目立つ」生存戦略

大きなイベントをやり終えて乗る終電は、とても広く感じられて不思議。ほっとした。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2016年11月29日 今年は人前で「話す」「教える」「笑い …

秋は近くて遠きもの。

青く透明な空。 腰の重い太陽に対峙して、想うてみたり、憂いてみたり。 人を物思いにさせる、処暑の気節。

ナワテ通り。

天下取り疲れ。

連日の出産。

産み過ぎコリドラス。

こっちを向いて。

じゅにあ、友達ばかり探していないで。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly