川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

落ちていく乙女座。

投稿日:


風呂入って来てサッパリしました。
1930から部屋に食事を持って来てくれるそうですが…

落ちる予感の腹ばいビール。

びば、畳。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

「話があるんだけど」「怒られることですか?」「違うから」「でも」

月末のきりきりとした音から遠いところに馳せる。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2016, 1月 24 胃の底に鈍い音がし始めて月末。何年も繰り返してきて、何年も繰り返して …

画像テスト(912SH)

綺麗に表示出来てるかな?

no image

嘘の上に咲く花は、どんな色をするのでしょうか。

ついていい嘘、ついてはいけない嘘。 でも、重ねていくと、その境目も曖昧なものになります。結果、「つかなければ良かった」と後悔することもしばしば。 人を傷つける嘘って、最低だと思います。 ついていた自分 …

咲き方のそれぞれ、咲く向きのそれぞれ ~Give&Giveの繰り返しを

春が綻び始める。 満ちて咲く様子も好きだけれど、こんな咲き方をする桜も愛おしい。咲き方はそれぞれ、咲く向きもそれぞれ。同じ公園にあって、ほんの数メートル違うだけでも開花状況はまるで異なる。「さくら」と …

2匹はとても元気です。

@明石公園

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly