川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

また、夢で逢いたい家族が増えた。

投稿日:

見聞を広める旅と、心も身体も休める過ごし方をしたかった連休だけれど
あーちゃんへの想いをぶつけ続ける時間になってしまった。

表情を、気持ちを、切り替えるのは容易ではない。

泣き続けると、芯から、疲労。
頭痛薬が何度も、重たさからの一時的な逃避に誘ってくれた。

でも、皮肉。

失恋が人を成長させるように、ここ数年続いている大切な人や家族たちとの
別れは、確実に自分に、考えるきっかけと即行動という意識をもたらしてくれた。

胸を打ち続けて教えてくれるのは、時間は戻らず、有限であるということ。

グズグズもしていられないし、尻込みばかりもしていられない。
行動の連続を実践して、後悔のない出会い(出合い)を得ていきたいと思う。

明日は、明日の場所へ。

あーちゃんに出逢っていなかったら。

「約束」と「居場所」という言葉の意味を、もっと軽薄に考えていたに違いない。
「優しくなる」ということも、出来なかったかもしれない。

20年という時間に、たくさんのものをもらった。

宝物。
これまでも、これからもずっとそう。

また、夢で逢いたい家族が増えた。

いまはただ、寂しくて、悲しい。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

「想」から始まっている、それでいい

「祈りなんて何の役にも立たない」とは、巡るその先を想像することのできない、なんとも寂しい意見だなぁと思う。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2016年4月19日 行動の源泉 …

no image

ピアノと言葉と脳みそと。

集中力なんて、そんなに長続きするわけもなく。 週末に自宅で仕事をしている時などは、時折気分転換に2階の部屋に置いてあるキーボードとにらめっこ。 適当に指を遊ばせていると、浄化されていく自分を感じて、ひ …

梅田茶屋町周辺。

帰りを急ぐ人、今からを楽しむ人。 新しさと旧さの町並みの中で。いろんな人の思惑と呼吸。

取り急ぎ。

豚まん、食わねば。

2年間を走りきった卒業式に。

2年間副ブロック長を務めさせてさせてもらった同友会Bブロック。 本日がその、最終ブロック会でした。 それぞれにカラーのある経営者の集まりを運営していくことは、難しくもあり、ストレスもありましたが、事前 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly