川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

また、夢で逢いたい家族が増えた。

投稿日:

見聞を広める旅と、心も身体も休める過ごし方をしたかった連休だけれど
あーちゃんへの想いをぶつけ続ける時間になってしまった。

表情を、気持ちを、切り替えるのは容易ではない。

泣き続けると、芯から、疲労。
頭痛薬が何度も、重たさからの一時的な逃避に誘ってくれた。

でも、皮肉。

失恋が人を成長させるように、ここ数年続いている大切な人や家族たちとの
別れは、確実に自分に、考えるきっかけと即行動という意識をもたらしてくれた。

胸を打ち続けて教えてくれるのは、時間は戻らず、有限であるということ。

グズグズもしていられないし、尻込みばかりもしていられない。
行動の連続を実践して、後悔のない出会い(出合い)を得ていきたいと思う。

明日は、明日の場所へ。

あーちゃんに出逢っていなかったら。

「約束」と「居場所」という言葉の意味を、もっと軽薄に考えていたに違いない。
「優しくなる」ということも、出来なかったかもしれない。

20年という時間に、たくさんのものをもらった。

宝物。
これまでも、これからもずっとそう。

また、夢で逢いたい家族が増えた。

いまはただ、寂しくて、悲しい。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

大人たちの会議、青春たちの合奏

同友会の会議は、三宮を中心とした神戸市内で行われることが多い。所属している委員会では、一年に一度だけ尼崎で会議を行うことになっているのだけれど、去年はそれが、会場の都合で流れてしまっていたのだった。今 …

プロメナ神戸。

ちょっと人がすくなくて、これは、やばいこと。(ちょうどよくて、ここちよい、こと、のコピーを皮肉って。)

譲り合ってお座りください。

誰が来るのか、行ったのか。 雨の予報の隙間を泳いで、明石公園へ。 レンズの向こうを探して歩くと、見慣れた景色も違う世界です。 カメラ、ほんとに買って良かったな。 先週は5日あるうち、4日がお酒。 一時 …

詩歌の世界の「わかる」「わからない」の話 ~五行歌への挑戦

川柳や短歌はもちろん、詩歌の世界では「わかる」「わからない」の話になることが多い。 どういう情景や心情を伝えようとしているのかわからない、いや、わかる。わかるが、わかりすぎてただの説明になってしまって …

仕事のできる男になりたくて。

情熱的な仕事を目指す男闘呼のデスクトップ。やる気が出ます。 来年こそはー。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly