川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】敬老の日の孫の手にあるリボン   ばた

投稿日:

 立秋を過ぎる頃から、夏らしくなってきた。前川企画印刷は「年鑑制作」の夏、
事務所は、もっと熱い▼句集作りの相談、引き続き、いくつか。自分も川柳をして
いることをお伝えすると、打ち解けて、ご希望を伝えてくださる。活字になる喜び
は、誰よりも理解出来る立場。たくさんの予算をかけて豪華なものを作ることより
も、むしろ、予算の中で、気軽に読んでいただけるものをご提案していきたいと思
う▼「本が出来たら、一緒にお祝いをしようね」 お客様からいただいた、嬉しい
一言。この言葉に、僕たちは育てられていく。秋、けれど、心は熱いまま。想いの
ある一冊を作りあげていくことを約束。

(ふあうすと2009年9月号、裏表紙に掲載(予定)文章より)

===

  【掲載】敬老の日の孫の手にあるリボン

    ふあうすと2009年9月号
    裏表紙

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】鯉泳ぐ 風の向きなど気にせずに

新緑が目に染みて、気の満ちた空。それが追い風か逆風なのか気にせぬまま、鯉は上手に身体を翻らせて空を泳ぐ。立ち位置次第で冷たくも温かくもなる風、時々は休んでみたりもして▼子どもの頃、土曜日の放課後は無限 …

no image

【川柳】明日咲く花があるからよく眠る   ばた

「明日も」「明日こそは」 人それぞれの、どんな未来も、どんな明日も。待ってみること、信じてみること。 今日はボロボロに傷ついた蕾だって明日は光を受けて、大きな花を咲かせるかもしれません。 光を探して。 …

no image

【川柳】頑張れと言わず自らやる姿勢   ばた

小さい会社なので、上も下も、右も左も、何もない。 ただ、それぞれが「頑張れ」と口にするよりも先に行動を起こすこと。その行動に触発されて、次の誰かの、手が、足が、頭がすっと動き出すような。 そんな好循環 …

no image

【川柳】まだ海に日の丸を見る父の父   ばた

ほんの思い出話。 海で思い出すこと、海に語りかけること。洋上に咲いた、散った桜に。 どうしてそんな、淋しそうな顔をして。 ===   【掲載】まだ海に日の丸を見る父の父     ふあうすと2007年0 …

no image

【川柳】愛してるポストの焦げるラブレター   ばた

むかーしむかし。 まだ、メールも携帯もなくて。毎日、マメに、マメに、ポスト色した手紙を書き続けた頃があります。 むかーし、むかしの、お話。 ===   【入選】愛してるポストの焦げるラブレター     …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly