川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】敬老の日の孫の手にあるリボン   ばた

投稿日:

 立秋を過ぎる頃から、夏らしくなってきた。前川企画印刷は「年鑑制作」の夏、
事務所は、もっと熱い▼句集作りの相談、引き続き、いくつか。自分も川柳をして
いることをお伝えすると、打ち解けて、ご希望を伝えてくださる。活字になる喜び
は、誰よりも理解出来る立場。たくさんの予算をかけて豪華なものを作ることより
も、むしろ、予算の中で、気軽に読んでいただけるものをご提案していきたいと思
う▼「本が出来たら、一緒にお祝いをしようね」 お客様からいただいた、嬉しい
一言。この言葉に、僕たちは育てられていく。秋、けれど、心は熱いまま。想いの
ある一冊を作りあげていくことを約束。

(ふあうすと2009年9月号、裏表紙に掲載(予定)文章より)

===

  【掲載】敬老の日の孫の手にあるリボン

    ふあうすと2009年9月号
    裏表紙

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】冷めていく紅茶 自白の時がきた   ばた

形式的なティーカップ、汗、動悸、鼓動、焦燥。 責められることを予感した、沈黙。 口を開けば、ストーリーの始まる。 じりじりと、焦げていく心。 僕はもうすぐ、全てを晒される、そんな場所にいる。 === …

no image

【川柳】くたびれているのは親の膝小僧   ばた

子供はすやすや、帰り道。 そうだね、走り回ったきみの。夢を静かにつないでくれているのは、 お父さんと、お母さんの、きっと、その。 ===   【掲載】くたびれているのは親の膝小僧     ふあうすと2 …

no image

【川柳】蝉の空ぐるり輪を描く赤とんぼ   ばた

出勤の朝。 小さい秋、見つけました。

no image

【川柳】ぎゅっとしてほっとしている赤い糸  ばた

原因不明の頭痛君のそばで たちどころに あ そうか つまり 君でなければ 僕は 青春days 当たり前のように 繋がっていた線のいまは すこし 色落ちがして すこし 遠くなって いつも ぎゅっと かな …

no image

【川柳】傷のあるこんな僕でもいいですか    ばた

許されたくて、一生懸命でした。受け入れられたくて、真っ白でした。永続させたくて、全部吐き出しました。 そうやって、また。 星の歴史のような、長い伝説になっていきませんか。 ===   【佳作】傷のある …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly