川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

納得いくまで何度でも、句集作りと自分史作りは徹底的に。

投稿日:

川柳を1200句入力 / day、よく頑張りました。

1000句入力を予定していたけれど、20%増しの成果。
おかげで、今夜は少しのんびり出来ています。

締切の近づきつつある、自分の川柳課題への取り組み、なう。

でも、Twitterで遊んでばかりいるから、なかなか進ま

・・・と、ここまで書いたところで、電話がありました。

今夜も電池が切れるまでの話込みモード。
川柳、全然出来なかった(涙)

お相手は勿論、知る人ぞ知る、あの男であります。

ひとつだけ、どうしても書いておきたいこと。

Iさんから、公募川柳の選考を手伝って欲しいと依頼がありました。
川柳の裾野を広げていくことは、、川柳に関わる若手の一人として、今後
ますます真剣に取り組まなければならない課題の一つです。

こういうチャンスがいただけることは、本当に有り難く、「是非に」とご回答
させていただきました。

選をするという立場から、また、色々と自分の勉強に繋がるのでないかと思っています。

感謝!

色々と、句集作りや自分史作り、作品集作りなど「本」を作るご相談を承っています。

自分史や句集って、大手の出版社に相談すると、安くてもうん十万円からのコースの
スタートになってしまうのですが、句集作りも得意な前川企画印刷では、校正回数無制限
という「誰にでも平等」な【思い出に残してください】クオリティを10万円台から
ご提供しております。

「予算をかけて、格好いいのを作りましょうねー」

と、言うのは簡単。だけど、正直、格好いい本って、読みにくいものなのです。
だったら、気軽に読んで、残して貰える。

そんな活字作りをご提案させてもらいますので、お金の心配は先に出してしまってから、
一緒に本作りを進めさせてもらえれば幸いです。

秋、到来。

本作りでも、校正回数無制限。
ご質問は、お気軽に、前川企画印刷のお問い合わせフォームから。

出逢いをお待ちしております。 宣伝でした。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

いつもどうして。

運動会の後の空は、優しい秋の顔をして。

始発と終着。

@西明石駅。 今から行く人も帰る人も。そして僕は、今から修羅場へと(涙)

no image

あっちのアレグラ、こっちのアレグラ

どんな環境で仕事をすると集中力が増すのか、人に教えてもらうのが好き。カフェや図書館、公園や電車のなか、それぞれに違う場所でクリエイティブなものが生み出されて世の中に送り出されていく。あれもこれもそれも …

no image

インフルエンザウイルスと行く信州松本の旅。

また、メガネが壊れました、壊しました。 微熱はありましたが、マスクをして、ショップにお出掛け。ついでに、先月壊してしまったメガネと、さらにもう一本の予備のメガネの調整もお願いしてきました。 壊しすぎだ …

no image

二極化の未来 ~色鉛筆の数だけ事実はある

今日は人の上明日は我が身の上。過度に叩かれている会社やお店のことは応援したくなる。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年1月8日 スマホに指を滑らせれば、僕たちはいと …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly