川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

自信がある、なんて、自分へのおまじない。

投稿日:

経営者が分析することばかりに注力して、なかなか行動に移せない、あるいは、
リスクを取った選択が出来ないときの状態のことを【分析麻痺症候群】といいます。

判断に迷ったら、自分の信条を投影させた経営の理念に基づいて行動するようにして
いますが、時々、「自分ってどんだけー?」と、深いところに落ちてしまうことも
あります。

自分自身を肯定することが出来なければ、すべての仮説は成り立たない。

自分と向き合ったつもりが、自分を正当化ばかりしているようにも思えて、自己嫌悪。
難しいものです。

いま、いい風が吹いてるなー、と思えるとき、一方では、自分が天狗になっているの
ではないかと不安を覚えたりもするんですね。

鏡の置き方、角度。

上手に設置しないと、停止してしまうかも、暴走してしまうかもしれません。
悩みは尽きません。自分を客観的に観るなんて、簡単なことじゃないですよね。

週末ごとに、少し長距離のジョギング。
こうやってリセットと充電の時間を意識して作るようにしています。

新しい週の始まり。

また、いろいろな約束を繋ぎながら、応えていけるような時間にしていきます。

加速するぞ。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

5km未来のジブンニマカセヨ。

イライラ、モヤモヤ。 愚痴はなかなかこぼせない。汗をかいた未来に、明日のことを考えよう。 花が咲くのを待っている。 それだけが、答えだな。

片付けてる時って。

遊んじゃいますよね。

多忙に見えて。

自分でも解読不能な手帳、メモ。

雨模様。

@神戸市西区

no image

どう働くか、ではなく、どう見られるか。

働き方にこだわりを持つのは悪いことではない。 けれど、それについてばかり言及している人は、お客さんからの見られ方に対する意識が低いようにも思える。 「ワーキングスタイルは理解出来ました、で、何屋さんな …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly